新入社員の歓迎会での挨拶方法

Sponsored Link

新入社員の皆さんの活躍を期待しています。

新入社員として活躍するには会社の同僚・先輩・上司と気持ちよく働けることがポイントになります。

新入社員や新人職員の皆さんの初めての印象は、入社式&入省式や歓迎会などでの挨拶で決まります。

ここでは、新入社員や新入職員の皆さんが歓迎会などでの印象を良くするために、入社式の流れ・自己紹介・ビジネスでの挨拶のポイントなどを紹介しています。

スポンサーリンク

入社式(入省式)の流れ

新入社員(新入職員)が初めに経験する緊張の場面は入社式(入省式)になります。

p8074820-500x375

一般企業の入社式の流れは、

・開式宣言・・司会者が開式を宣言します。

・社長挨拶・・社長が新入社員に対する訓示や激励の言葉を述べます。

・辞令交付・・司会者が代表者の氏名の所属と氏名を読み上げます。

氏名を呼ばれた親入社員は大きな声で「はい」と返事をして社長の前に進み出ます。

・新入社員代表挨拶・・あらかじめ選ばれている新入社員の代表が挨拶を述べます。

・社歌斉唱・・(省略の場合もあります)

・閉式宣言・・司会者が閉式を宣言します。

会社の規模に応じて、役員紹介や各部長紹介なども行われます。

新入社員・新入職員の自己紹介

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

新入社員・新入職員の自己紹介(挨拶)には、

・入社式・歓迎会・研修会・懇親会・ビジネスでの社外の相手などの自己紹介があります。

自己紹介とは初対面の相手に、氏名他の自分の情報を自分自身が伝える行為です。

新入社員・新入職員は入社(入省)後のしばらくの期間は、

・入社式・歓迎会・研修会・懇親会・ビジネスでの社外の相手など自己紹介(挨拶)をする機会が多くなります。

新入社員・新入職員歓迎会での自己紹介(挨拶)のポイントを紹介します。

氏名・配属先・専攻や専門分野・出身地・趣味や特技・抱負・お礼の言葉を述べます。

入社する人数に応じて自己紹介の内容を加減してください。

ビジネスでの挨拶

社外のビジネスの相手に対する、新入社員・新入職員の自己紹介(挨拶)について紹介します。

ビジネスの相手にはできるだけ手短に自己紹介(挨拶)をまとめることが大切です。ビジネス相手(先方)からのいろいろな質問には言葉を明瞭にしてハキハキと答えられるようにあらかじめ質問を予想して準備することも大切です。

自己紹介(挨拶)には、氏名・配属先・専攻や専門分野・出身地・趣味や特技・抱負・よろしくお願いします言葉を入れます。

保存

保存

保存

保存

保存

保存


PAGE TOP