旧正月はいつ?2018年は?中国・韓国・台湾の過ごし方

Sponsored Link

旧正月(きゅうしょうがつ)は旧暦の正月のことです。

旧暦元日(旧暦1月1日)・旧暦1月1日から始まる数日間のことを旧正月と呼びます。

2018年の旧正月を調べて、韓国の旧正月・台湾の旧正月・中国の旧正月を体験しませんか。

旧正月とは一般的には狭義の旧暦の正月になります。

狭義の旧暦とは、中国・日本・朝鮮半島・ベトナムで昔使われていた、中国暦や中国歴類になります。

広義の旧暦は、モンゴルのチベット仏教暦・東南アジア諸国の上座部仏教暦などのように、他の地域・文化圏の旧暦を含む場合もあります。

旧正月である旧暦の1月1日は、2月19日頃の通常雨水直前の朔日になります。

旧正月は、毎年1月21日ごろから2月20日ごろまでを移動しています。

旧正月は、中国大陸・香港・台灣・韓国・ベトナム・モンゴル・ブルネイでは、最も重要な祝祭日の一つとされています。

一般的に、新暦(グレゴリオ暦)の正月よりずっと盛大に祝われています。

シンガポール・マレーシア・インドネシア・ミャンマーなどの、中華圏の影響の強い中国系住民の多い東南アジア諸国や世界各地の中華街などでは盛大に祝われています。

日本では、沖縄・奄美の一部地域や中華街を除けばグレゴリオ暦の正月が一般的です。

 

次に、旧正月のこと・2018年の旧正月・韓国の旧正月・台湾の旧正月・中国の旧正月などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

旧正月

 

20120123-pj-001

 

旧正月の呼び方は国によって違います。

日本語では旧正月(きゅうしょうがつ)と言いますが、香港語では「農暦新年」や「新春」と言います。

中国語 では、「春節」・「新年」・「新春」・「大年」・「農暦年」・「農暦新年」・「旧暦年」・「元旦」などと言います。

朝鮮語では、「ソルラル」・「ソル」・「クジョン」と言います。

北朝鮮では「ソルミョンジョル」言われることが多いようです。

ベトナム語では、「テト」・「テトグェンダン」と言います。

2018の旧正月は2月16日の金曜日になります。

韓国の旧正月・台湾の旧正月・中国の旧正月を現地で体験するには、2月の仕事スケジュールを開けなければいけませんね。

 

旧正月の休暇

 

diamond-plaza-254936_960_720

 

旧正月をお祝いする国では正月休暇があります。

2018年の2月16日が旧正月なので。前日の2月15日の大晦日からお正月モードが始まるのではないでしょうか。

韓国の旧正月 ・台湾の旧正月・中国の旧正月・ベトナムの旧正月に旅行を計画している人は調べてから出発したほうが良さそうです。

旧正月を休日としている国があります。

旧正月を国の休日としているのは、中国・韓国・北朝鮮・ベトナム・シンガポール・マレーシア・インドネシア・ブルネイとモンゴルなどです。

旧正月の休日が複数日あるのは中国・台湾・香港・マカオ・韓国・ベトナムなどです。

中国本土での春節(旧正月)から3日間ですが一般的には旧暦大晦日から7連休になります。

香港・マカオは旧正月から 旧暦の1月3日までになります。

正月休日の3日間に日曜日があるときは旧暦大晦日も休日になります。

台湾(中華民国)の休日は、旧正月から旧暦の1月5日までです。

韓国(大韓民国)の休日は、旧暦の大晦日から旧暦の1月2日までになります。

ベトナムの休日は、旧暦の大晦日から旧暦の1月3日までになります。

ベトナムでは、官公庁や民間企業では、旧正月の前後1週間程度は休日になっているようです。

 

チャイニーズニューイヤー

 

チャイニーズニューイヤーとも言われる旧正月は中国系住民が多い中華街がにぎやかになりますね。

2018の旧正月は2月16日の金曜日です。

韓国の旧正月・台湾の旧正月・中国の旧正月を現地で体験する旅行ツアーもあります。

2018年の旧正月(春節・チャイニーズニューイヤー)は2月16日金曜日から始まります。

旧正月期間の春節休暇予想を紹介します。

2月15日の木曜日は大晦日になります。

2月16日の金曜日が旧正月(春節)なので、2月17日~2月21日期間が休暇期間ではないかと予想されています。

2月後半までお正月モードが続くようですよ。


PAGE TOP