メガネのレンズが汚れる原因と対策。フケ、油汚れ?!

Sponsored Link

メガネのレンズ汚れは困りますね。

メガネの見通しが悪くなる汚れには、脂汚れやフケや化粧品などがあります。

メガネの外側と内側の汚れをキレイにして明るい見通しにしませんか。

メガネレンズに付いた皮脂汚れや化粧品を、ハンドソープや石鹸で洗い落としていませんか。

ハンドソープや石鹸でレンズを洗うと、レンズのコーティングがはがれることがあるので注意が必要です。

メガネは正しい使い方と正しい洗い方をしないと、メガネの寿命を血締めてしまいます。

 

次に、メガネのレンズ汚れ・メガネの脂・フケ汚れ・メガネの外側と内側の汚れなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

メガネのレンズ汚れ

 

gahag-0031476075

 

メガネの見通しを悪くするレンズ汚れに悩んでいる人も多いようです。

メガネのレンズ汚れには、皮脂・化粧・指紋・フケ・ホコリ・涙などがあります。

メガネのレンズの内側に涙がついて見えなくなった人や、ホコリや化粧などの汚れがついて困った人も多いようです。

自転車や車を運転しているときのメガネの汚れは、視界を塞いで交通事故の原因にもなります。

メガネのレンズ汚れで一番多いのはホコリや皮脂ですね。

専用のクリーナーシートがあれば簡単にキレイにできます。

 

まつ毛とレンズ

 

3ab13011

 

メガネの内側のレンズに、まつ毛の化粧汚れ汚れがついたことはありませんか。

メガネのレンズ汚れには皮脂・化粧・指紋・フケ・ホコリ・涙などがあります。

メガネレンズの内側の汚れでは、化粧・指紋・涙などが多いですね。

まつ毛がメガネレンズに当たると、まつ毛についた化粧でレンズを汚すことがあります。

まつ毛がメガネレンズを汚さないようにするには、目とレンズの距離を調整することが大切です。

目とレンズの距離は頂間距離と呼びます。

一般的な頂間距離は「12mm」です。

目を大きく見せたい女性は頂間距離を短くする傾向があります。

メガネを使って視界をクリアにするには、頂間距離を正しく調整することが大切です。

目を大きく見せたいと頂間距離を短くすると、まつ毛がレンズに当たって汚れて視界を悪くするので注意してください。

 

メガネレンズの汚れ落とし

 

メガネのレンズに付いた皮脂・化粧・指紋・フケ・ホコリは、中性洗剤を使えば基本的にはキレイに落とせます。

石鹸やハンドソープでレンズの皮脂汚れや化粧品を落としている人がいます。

石鹸やハンドソープでレンズを洗うのはおススメできません。

レンズのコーティングがはがれて視界に悪影響を与えることがあります。

メガネのレンズの外側・内側の汚れを落とすときには、中性洗剤・専用のメガネクリーナー・メガネシャンプーを使うようにしてください。

メガネレンズ専用のクリーナーを使っても汚れが落ちない時には、メガネに小さな傷がついている場合があります。

レンズに傷がついたら交換するしかありません。

 


PAGE TOP