ランチメイト症候群の原因と対策。ぼっち飯のメリットは?

Sponsored Link

ランチメイト症候群が増えているようです。

ランチメイト症候群の原因と対策を知ることで、「ぼっち飯」の利点を活かした生活ができるようになります。

 

次に、ランチメイト症候群のこと・原因と対策・ぼっち飯の利点などを紹介します。

 

スポンサーリンク

ランチメイト症候群

 

790b2e3c7f308feade7039b862bc8f72-300x200

 

ランチメイト症候群(ランチメイトしょうこうぐん)というのがあるのを知っていますか?

ランチメイト症候群は、ランチメート症候群とも呼ばれます。

ランチメイト症候群は、精神科医の町沢静夫によって名付けられた名称です。

ランチメイト症候群とは、学校や職場などで一緒に食事をするランチメイト(相手)がいないことに恐怖感を覚える症状のことです。

コミュニケーションの問題が関係した、ランチメイトがいないことの恐怖感と類似した症候群があります。

ひとりじゃいられない症候群などです。

ランチメイト症候群になる原因と対策を知ることで、ランチメイトがいないことに恐怖感を覚えることもなくなります。

ランチメイトがいない「ぼっち飯」には意外な利点があるようです。

 

ランチメイト症候群の原因

 

rryjimage

 

ランチメイト症候群の原因と対策を見つけることで、ぼっち飯の利点を理解できるようになります。

ランチメイト症候群に陥る人の考え方には特徴があります。

ランチメイト症候群に陥る人は、一人での食事に不安感があります。

「ぼっち飯」を他人に見られていることが不安の増大に繋がっているようです。

周りからの評価を気にし過ぎて不安の悪循環へと陥っています。

不安感に不安が積み重なって、一人で食事をする事に過度に不安や恐怖を感じるようになることでランチメイト症候群になるようです。

日本特有の原因がランチメイト症候群の発症に関わっていると考えられています。

日本では、学校でも社会でも個人行動よりも集団行動を良しとします。

幼児の頃から、集団に同調しない個人行動は良くないことだとされてきたことが原因になっているようです。

自分一人だけが周囲とは違う食事をしている状況を苦痛に感じてしまうような社会環境も原因と考えられています。

インターネットの普及により、インターネット上のコミュニケーションが中心となっています。

人と直接コミュニケーションすることを苦手と感じる若い世代が増えていることがランチメイト症候群の増加に影響していると考えられています。

ランチメイト症候群対策とぼっち飯の利点を活かすことで症状を改善できます。

 

ぼっち飯の利点

 

ランチメイト症候群の原因は、集団行動に依存しすぎる個人の性格と社会環境とインターネット環境での人との直接のコミュニケーション不足だと考えられます。

ランチメイト症候群の対策の一番は、誰かと一緒に食事をすることです。

一緒に食事できる人を探すには、まず挨拶をキチンとすることです。

挨拶ができたら日常会話ができるように訓練しましょう。

日常会話ができるようになれば一緒に食事できるようになります。

「ぼっち飯」には利点があります。

1・一人で食事をすることは恥ずかしいことではありません。

2・一人で食事することは仲間はずれではありません。

3・「ぼっち飯」は自分のペースで食事ができるし、学習内容や仕事内容を確認しながら食事ができるメリットがあります。

4・皆で食事をすると、自分ペースでは食べられません。

5・食べるのが早い人は、他の遅い人の食事が終わるのをボーっと待たなければいけません。

・食事を早く終わらせてひと眠りしたい

・食事の後に軽い運動をしたい

・食事の後に勉強や仕事の事前チェックをしたい

・用事を済ませたいなどがある時には「ぼっち飯」のほうが利点を活かせます。


PAGE TOP