窓に付着する水滴(結露)の原因と対策、防止法

Sponsored Link

窓やサッシ周りに付着する結露に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

特に密閉性に優れた家屋やマンションなどは、結露を原因としたカビに悩まされている家庭も多いようです。

窓に付着する結露対策をすることで生活環境が改善できます。

冬になると窓やサッシ周りの結露に悩まされる家庭も多いのではないでしょうか。

冬になってくると、マンション住まいの人は結露に悩まされます。

特にサッシの下の床やガラスやサッシ周りは水滴がしたたり落ちるほど酷い結露になります。

結露はカビの発生や水滴による染みなどの原因になります。

 

次に、窓やサッシ周りに付着する結露の原因や窓に付着する結露対策などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

窓に付着する結露の原因

 

ktyjimage

 

窓やサッシに付着する結露の原因が分かれば、窓に付着する結露対策が分かります。

窓やサッシに付着する結露は、「内外温度差」と「湿度」が「露点温度」になった時発生します。

具体的には、室内の暖かく湿気を含んだ空気が室外側から冷やされることで、暖かい空気に含まれた湿気(水蒸気)が凝縮して結露になります。

窓やサッシが結露し始める温度である露点温度は、「湿り空気線図」を使うことで知ることが出来ます。

インターネットを利用すれば「湿り空気線図」をダウンロードできます。

「湿り空気線図」の使い方などを紹介しているサイトがあります。

窓やサッシに付着する結露対策を考えている人は、湿り空気線図を紹介しているサイトを検索してください。

 

結露対策

 

ketsuro-ph02

 

窓やサッシ周りに付着する結露の原因は、室内の暖かく湿気を含んだ空気が室外側から冷やされることです。

窓やサッシ周りに付着する結露対策は、マンション住まいの人には必須ですね。

結露は住宅性能で発生量が違います。

断熱材の劣化や断熱性能が低い住宅では結露が発生します。

窓やサッシ周りに結露がたくさん発生するのは、室内の熱損失が一番多い場所だからです。

結露対策で最もおススメするのは換気です。

結露は常に動いている空気に触れていることで防げます。

結露が多い窓やサッシ周りに扇風機や送風機で常に風を送れば結露予防ができます。

窓回りの空気を動かすことが有効な結露対策です。

通常は、結露が多い窓やサッシ周りに扇風機や送風機の風を送るのは現実的ではありません。

窓回りの空気を動かすおススメの方法は換気になります。

 

結露対策の方法

 

窓やサッシ周りの結露の原因は、室内と室外の空気の温度差になります。

窓やサッシに付着する結露対策で最も効果的なのは換気です。

結露対策は換気だけではありません。

・窓下専用ヒーターの設置・緩衝材の貼り付け・結露防止材の利用・洗剤の利用・室内温度を下げるなどがあります。

最近は消費電力が少ない窓下設置用の専用ヒーターがあります。

結露対策用の窓下設置用の専用ヒーターを試しませんか。

ホームセンターには「気泡緩衝材」が売られています。

「気泡緩衝材」は窓ガラスに気密テープで隙間なく貼り付けます。

結露が室内の内外温度差と湿度が「露点温度」になった時発生します。

露点温度にならないように室外の温度と室内の温度差を少なくする方法もあります。


PAGE TOP