静電気体質ってある?静電気が改善方法と最も多い地区は?

Sponsored Link

静電気体質の原因、改善方法知っていれば嫌なピリッを避けられますね。

静電気を感じる時期、多い地区、少ない地区は、ウェザーニューズの「全国静電気調査」で分かります。

静電気は、

・静止した電荷によって引き起こされる物理現象

・物体に電荷が蓄えられている状態

・蓄えられている電荷を指します。

静電気の発見は紀元前600年頃だと考えられる記録があります。

日常生活でも静電気による火花放電に出会うことがあります。

例えば車のドアのノブに触ったときに指先が火花放電してピリッとします。

日常生活のなかでは、絨毯の上を歩くことで床と人体との間で静電気が生じたり、化学繊維でつくられた衣服がこすれることで帯電します。

空気が湿っていると静電気が逃げやすくなります。

火花放電は湿度の低い乾燥した冬季におこりやすくなります。

電気暖房を使っている冬場の室内で帯電しやすくなります。

人体表皮からの火花放電は痛みを伴い、放電が強いとやけどの跡が確認できることもあります。

 

次に、静電気体質の原因、改善方法・静電気を感じる時期、多い地区、少ない地区などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

静電気体質

 

seidenki

 

静電気体質の原因、改善方法が分かれば火花放電を避けられるようになります。

静電気を感じる時期、湿度が低い乾燥した冬季になります。

静電気が多い地区、少ない地区があります。

ウェザーニューズの「全国静電気調査」で確認してみませんか。

生活スタイルは同じなのに、火花放電でパチッ・ピリッとなる人とならない人がいます。

静電気が起きるか起きないかは人の体質に関係しているように思われますが、現実には体質などの個人差は関係ありません。

静電気による火花放電のパチッ・ピリッの原因はからだや衣服の状態に左右されていると考えられています。

静電気が帯電するのは、からだと衣類・絨毯などとの摩擦です。

プラス・マイナスの電気が移動するときに静電気が発生しています。

火花放電のパチッ・ピリッの機会が多い人は、静電気が起きやすい「体質」ではなく静電気が起きやすい生活習慣が原因だと考えられます。

静電気体質ではなく静電気を帯電しやすい生活習慣を改めることが、パチッ・ピリッの火花放電予防になります。

 

静電気帯電の生活習慣

 

img62531920

 

静電気体質の原因、改善方法は、静電気を帯電しやすい生活習慣を改善することです。

静電気の帯電は衣類の素材で異なります。

帯電性は衣類がつくられている素材によって違います。

普段着ている服の素材を見直すことで、火花放電のパチッ・ピリッ予防になります。

肌や空気の乾燥も静電気の帯電に影響があります。

湿度が低い乾燥した冬季に静電気による火花放電に悩まされるのは、静電気の起きやすい自然環境になっているからです。

乾燥した冬季は、空間の湿度・肌表面のうるおいに気を付けましょう。

水分を使って帯電している静電気が空気中に自然放電されれば火花放電のパチッ・ピリッ予防ができます。

次に、静電気を感じる時期、多い地区、少ない地区などの紹介をします。

 

静電気が多い地区、少ない地区

 

静電気体質の原因、改善方法は、静電気を帯電しにくい生活に気を付けることです。

ウェザーニューズの「全国静電気調査」に、静電気を感じる時期、多い地区、少ない地区が紹介されていました。

静電気が帯電しやすいのは冬季です。

冬季での、日本人一人当たりが感じる静電気による火花放電の数は平均104回だそうです。

静電気の火花放電が多い地域は関東地域になります。

静電気による火花放電が少ない地域は北陸・東北の日本海側になります。

日本で最も多く静電気の火花放電を感じるのは茨城県民です。

最も少なく静電気の火花放電を感じるのは富山県になります。


PAGE TOP