ほこりアレルギーの症状と予防、治療方法

Sponsored Link

ほこりアレルギーはハウスダストを原因としている場合が多いようです。

ほこりアレルギーの症状には、鼻水・鼻詰まり・目が痒いなどがあります。

ハウスダストの影響によるほこりアレルギーには、発疹や治りにくい皮膚炎で悩んでいる人もいます。

ハウスダストの影響によるアレルギー症状に悩まされる人が増えてきているようです。

アレルギーとは、特定の抗原に対して免疫が過剰反応することです。

免疫反応は、外来の異物(抗原)を排除するために働きます。

免疫反応は、本来は生体にとって不可欠な生理機能ですが、過剰本能することで有益な免疫反応が有害な反応に変わっています。

アレルギーが起こる原因は解明されていません。

アレルギーを引き起こす環境由来の抗原は「アレルゲン」と呼ばれています。

アレルゲンには、ハウスダスト・ダニ・花粉・米・小麦・酵母・ゼラチンなどいろいろな物質があります。

先進国ではアレルギーの患者が急増しているそうです。

日本にも診療科目のひとつに、アレルギーを専門とするアレルギー科があります。

 

次に、ほこりアレルギーの症状と予防法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ほこりアレルギー

 

allergy1

 

ほこりアレルギーの原因にはハウスダストが考えられます。

ハウスダストの影響によるほこりアレルギーの改善には、アレルゲンである「埃」を除去することがポイントになります。

生活空間を掃除して清潔にして、室内の風通しや湿度を適切に保つことでアレルギー症状を改善できます。

ほこりアレルギーではハウスダストをアレルゲンとしていますが、アレルギー体質の人に多く発症します。

アレルギー体質を持っている人には、遺伝的要因と環境的要因が考えられます。

遺伝的要因とは、父親・母親など家族の者にアレルギー症状を起こす人が居るケースです。

アレルギー体質ではなくてもアレルゲンに囲まれて過ごしている生活環境では、環境的要因によってアレルギー症状を起こすことがあります。

 

ほこりアレルギーの予防

 

img_housedust_001

 

ほこりアレルギーの予防方法は、アレルゲンのハウスダストの除去がポイントになります。

室内空間のハウスダストのアレルゲンは埃だけではありません。

ハウスダストと呼ばれる埃の中には・ダニの死骸・ダニの糞・花粉・細菌・カビ・犬の毛・猫の毛などの物質も含まれています。

大きさが直径1ミリメートル未満の微小な埃なので、チョットした空気の移動で部屋中に舞い上がります。

ハウスダスト対策の基本となる掃除はしっかり行うことが大切です。

掃除機をかける前に、微細な埃を拭き掃除で除去することがポイントです。

 

ハウスダストと疾患

 

ハウスダストをアレルゲンとしたほこりアレルギーに悩まされている人も多いようです。

ハウスダストをアレルゲンとしたアレルギー症状には、アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎・アトピー性皮膚炎・気管支喘息などがあります。

ハウスダストをアレルゲンとするアレルギー性疾患を改善するには、こまめな掃除・室温管理・湿度管理がポイントになります。


PAGE TOP