8月3日は何の日 はちみつの日の由来とイベント

Sponsored Link

8月3日は「はちみつの日」だそうです。

8月にはスイーツの記念日がたくさんあります。

・8月3日の「はちみつの日」・8月6日の「手巻きロールケーキの日」

・8月9日の「クレープの日」・8月15日の「お菓子の日」

・8月19日の「シュークリームの日」・「クレープの日」

・8月22日の「ショートケーキの日」・8月25日の「プリンの日」などです。

「はちみつ」には豊富な栄養成分が含まれています。

栄養成分には、ビタミン類・ミネラル類・アミノ酸・酵素・ポリフェノールなどがあります。

豊富な栄養成分と栄養素を含んだ栄養価の高い健康食品を食べて健康美人つくりしませんか。

 

次に、はちみつに含まれている成分や8月3日の「はちみつの日」などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

はちみつの栄養成分

 

lgf01a201405312000

 

8月3日は「はちみつの日」です。

健康美人つくりをサポートする「はちみつ」を使った美味しいお菓子を作りませんか。

「はちみつ」には豊富な栄養成分が含まれています。

「はちみつ」に含まれているビタミン類には、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・葉酸・ニコチン酸・パントテン酸・ビタミンC・ビタミンK・ビオチンなどがあります。

「はちみつ」に含まれているミネラル類には、カリウム・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・リン・亜鉛・鉄・銅・マンガンなどがあります。

「はちみつ」に含まれているアミノ酸には、バリン・ロイシン・イソロイシン・アラニン・アルギニン・リジン・アスパラギン酸・グルタミン酸・プロリン・スレオニン・メチオニン・ヒスチジン・フェニルアラニン・チロシン・グリシン・セリンなどがあります。

「はちみつ」に含まれているポリフェノールには、カフェ酸・p-クマル酸・フェルラ酸・ケンフェロール・クリシン・ケルセチン・p-ヒドロキシ安息香酸・バニリン酸・バニリン・シリングアルデヒド・ガランギンなどがあります。

「はちみつ」に含まれている酵素はジアスターゼ ・ホスファターゼなどです。

 

8月3日は「はちみつの日」

 

13_img1

 

8月3日は「はちみつの日」です。8月3日が「はちみつの日」になった由来はありません。

「はち(8)」と「みつ=みっつ(3)」を組み合わせて8月3日にしただけです。

「はちみつの日」が8月3日決まったのは1985年(昭和60年)になります。

日本養蜂はちみつ協会と全日本はちみつ協同組合が8月3日を「はちみつの日」としました。

「8(はち)3(みつ)」という語呂合わせから、8月3日を「はちみつの日」として記念日と制定されています。

 

はちみつフェスタ

 

8月3日の「はちみつの日」にちなんで、「はちみつフェスタ2017」が開催されます。

「はちみつフェスタ2017」の日程は、7月28日~30日になります。

7月28日の(金曜日)は、13時~16時がメディア・業者・飲食店関係者のみ・16時~19時30分が一般販売になります。

7月29日(土曜日)~30日(日曜日)は9時30分~17時まで一般販売が行われます。

第5回目を迎える「はちみつフェスタ2017」では、日本や世界のはちみつが購入できます。

はちみつの様々な使い方が学べるワークショップもあります。

「はちみつフェスタ2017」の会場は、東京都中央区銀座3-9-11の「紙パルプ会館2~3階」になります。

入場料は無料です。

「紙パルプ会館」への交通アクセスは、 

銀座線・丸ノ内線・日比谷線の「銀座駅」下車~A12出口より徒歩2分になります。

有楽町線の「銀座一丁目駅」下車~11出口より徒歩4分になります。

都営浅草線の「東銀座駅」下車~A7・A8出口より徒歩1分になります。

 


PAGE TOP