お酒、肉類をあまり食べないのに尿酸値が高い理由

Sponsored Link

尿酸値が高いと痛風のリスクが高くなります。

尿酸値の正常値を知って値が高くならないような生活習慣や食習慣に気を付けることが大切です。

痛風とは尿酸が体の中にたまることで発症します。

尿酸が体の中にたまり結晶になって激しい痛みの関節炎を伴う病気になります。

現在では痛風になっても、良い薬が開発されているので正しい治療を受ければ健康な生活が送れます。

痛風は放置すると激しい関節の痛みを繰り返します。

痛風を悪化させると、体のあちこちに結節が出来たり腎臓を悪くして重大な病気に進むので注意が必要です。

正しい尿酸値を知って健康管理に気を付けることが痛風予防になります。

まず、定期的な健康診断・人間ドック・住民検診などの検査を受けることが大切です。

検査結果の報告書で、痛風の原因である尿酸の血液中の濃度を知るには「尿酸値」・「血清尿酸値」の項目で確認できます。

尿酸値の正常値は、男女ともに7.0mg/dL以下になります。

7.0mg/dLを超えると高尿酸血症と呼ばれます。

血清尿酸値が低い場合もあります。

血清尿酸値が2mg/dL、1.5mg/dL、1.0mg/dL以下を低尿酸血症と呼びます。

低尿酸血症の人の中には運動後の腎障害や尿路結石が起こることがあるので注意が必要です。

 

次に、尿酸値が高い理由や痛風原因や予防の紹介をします。

 

スポンサーリンク

尿酸値が高い

 

1094371

 

健康診断・人間ドック・住民検診などの検査結果の報告書で「尿酸値」・「血清尿酸値」を確認してください。

「尿酸値」・「血清尿酸値」が7.0mg/dLを超えていませんか。

「尿酸値」・「血清尿酸値」が7.0mg/dLを超えていれば尿酸値が高いと判定されます。

尿酸値が高い症状は高尿酸血症と呼ばれます。

高尿酸血症状態が長期化すると、尿酸は尿酸塩という結晶になります。

高尿酸血症をベースに尿酸塩が関節に沈着して急性の関節炎を起こす病気が痛風と呼ばれます。

 

尿酸値が高い理由

 

尿酸値高い人イメージ

 

尿酸値が高い高尿酸血症が長期間続くと痛風を発症します。

痛風のことは、昔は帝王病・贅沢病といわれていました。

痛風は美食や大酒の習慣をもつ上流階級の病気と考えられていた時期もありました。

現在では食生活の欧米化やアルコール摂取量の増加で多くの人が高尿酸血症から痛風になる可能性があります。

現在では、美食よりも“過食”が問題だとされています。

高カロリー食の食習慣や肥満は尿酸の産生量を増やす原因になります。

尿酸値が高くなる理由は、アルコールの過剰摂取・果物類(果糖)の過剰摂取・ストレス・過度の運動と考えられています。

高尿酸血症を改善するには、生活習慣と食習慣の改善が必須です。

 

痛風対策

 

尿酸値が高い高尿酸血症が長期間続くと、激しい関節の痛みを繰り返す痛風を発症します。

激しい関節の痛みから腎臓障害になることもあるので注意が必要です。

公益財団法人・痛風財団では、痛風にならない日常注意するポイントが紹介されています。

・肥満を解消する

・アルコール飲料を控える

・積極的に水分を摂取する

・軽い運動を行う

・精神的ストレスを上手に緩和するなどです。

 


PAGE TOP