雨の日に花粉症がひどくなる理由と対策方法

Sponsored Link

雨の日に花粉症がひどくなる人が多いと聞きました。

花粉症の季節はつらいですね。

花粉症とは、スギ花粉などによって起こるアレルギー性疾患になります。

アレルギーは、I・II・III・IV型の4つに分類されています。

アレルギー性鼻炎や花粉症はI型アレルギーになります。

抗体が抗原に対抗するときに放出する物質が神経を刺激して炎症を発症します。

アレルギーを引き起こす原因物質をアレルゲン(抗原)といいます。

粘膜に接触するとアレルギーを起こす抗原(アレルゲン)が花粉から溶け出すことで、抗原に反応して人の体内で抗体がつくられます。

花粉症の発症する原因のアレルゲンは、スギやブタクサなどの花粉です。

花粉症といわれるアレルギー症状は花粉が目や鼻の粘膜に接触することで発症します。

微細な花粉は目や鼻の粘膜から侵入しやすいことから目や鼻の粘膜で炎症が発症します。

鼻粘膜や目粘膜に付着した花粉(異物)を体外に出そうとしてくしゃみや鼻水や涙が出ます。

抗原(花粉)に対して体は「IgE抗体」と呼ばれる抗体を作ります。

「IgE抗体」はすべての人に同じように作られるわけではなくアレルギー体質の人でつくられます。

「IgE抗体」は花粉症の他にもアトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎・気管支ぜんそくなどにも関わっています。

 

次に、雨の日に花粉症がひどくなる理由や対策方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

雨の日と花粉

 

mask_woman

 

雨の日に花粉症がひどくなるのはどうしてでしょうか。

花粉症の主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・眼のかゆみなどになります。

鼻づまりは花粉の飛散ピークより飛散後期に症状が多いとされています。

花粉症になると、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・眼のかゆみなどの肉体的な苦痛だけでなく、睡眠不足・集中力欠如・イライラ感・食欲不振・気分が落ち込むなどで生活の質や仕事の効率が低下します。

雨の日には花粉症がひどくなると言われています。花粉症対策を始めませんか。

 

どうして雨の日に花粉症

 

04

 

雨の日には花粉も飛散しにくそうなので花粉症も治まりそうですが、雨の日には花粉症がひどくなることがあります。

雨の日に花粉症がひどくなるには3つの理由があります。

・雨の日でも花粉は飛んでいるため。

・雨に日に気圧が下がると体内のヒスタミンが増えてアレルギー反応が強まるから。

・気圧の低下で副交感神経が優位になってアレルギー症状が活発になるから。

雨の日にも花粉は飛んでいるのですね。

気圧の低下で花粉症がひどくなる前に対策を始めましょう。

 

花粉症対策

 

雨の日に花粉症がひどくなる理由は気圧の低下により、アレルギー反応が強まる・アレルギー症状が活発になるなどがあります。

雨の日の花粉症対策方法は、雨の日も花粉が飛散していることを考えて“吸わない”・“浴びない”・“持ち込まない”ことに気を付けます。

花粉症対策のポイントはアレルゲンである花粉との接触を避けることです。

花粉症の悩みを改善するには耳鼻科での診療をおススメします。

花粉症治療法には、

・抗ヒスタミン薬の投与・局所ステロイド投与

・ステロイド注射・減感作療法・レーザー治療

・漢方などの民間療法などがあります。

 


PAGE TOP