感動、感激、感謝の違いと使い方。英語で表現すると?

Sponsored Link

感動と感激の違いを説明するのはチョット難しいですね。

感動と感激は、どちらも心が震えるので同じじゃないかと思えます。

感動・感激と感謝の違いも上手く説明できません。

感動・感激・感謝の違いを子供に聞かれたときに困らないために概要を紹介します。

感動の英語表記・感激の英語表記・感謝の英語表記も気になりますね。

 

次に、感動・感激・感謝の違いと、感動の英語表記・感激の英語表記・感謝の英語表記の紹介をします。

 

スポンサーリンク

感動

 

pose_kandou_woman

 

感動・感激・感謝の違いが分かるために、「感動」の概要を紹介します。

感動は、感情・情動・気力などを含む総括的用語だとされています。

感動とは、広義では精神機能を知・情・意に分類する場合の「情」にあたるとされています。

狭義の意味では、喜びとか興奮になります。

特定の対象に対する感情反応を感動ということもあります。

ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされるときに感動という言葉を使います。

例えば、美しい風景に感動する・深い感動を覚えた・美しい曲に感動するなどです。

感動という言葉を使う時には、特定の対象の刺激に対して受けた感情が心に深く染み入ることになるようです。

次に、感激・感謝のこと、感動の英語表記・感激の英語表記・感謝の英語表記の紹介をします。

 

感激

 

kuma37

 

感動・感激・感謝の違いが分かるために、「感激」の概要を紹介します。

感激とは、

・物事に深く感じて気持ちがたかぶること

・物事に深く感じて気持ちがふるいたつこと

・心に強く感じること

・物事や人の言動に心を打たれて感情が高まること

・非常に有難く思い感謝すること、などになります。

感激の文例には、受賞の感激・観客に感激を与える・名演奏に感激する・思いやりの行為に感激するなどがあります。

感激は、何かの対象からの刺激に強く感じて深く感動して、気持ちが昂ったり勇気が出たり気力がでたりするときに使うようです。

次に、感謝のこと、感動の英語表記・感激の英語表記・感謝の英語表記の紹介をします。

 

感謝と英語表記

 

感動・感激・感謝の違いが分かるために、「感謝」の概要を紹介します。

感謝とは、ありがたいと思うこと・ありがたいと思う気持ち・ありがたいと思う気持ちを表すこと・ありがたいと感じて礼をのべること、などになります。

感謝の文例には、お心づかいに感謝します・感謝状・感謝の心を述べる・深く感謝します、などがあります。

感動の英語表記は、「impression」になります。

感激の英語表記は、「deep emotion」になります。

感謝の英語表記は、「thanks」になります。


PAGE TOP