なぜメリークリスマスっていつ言う?メリーの意味、由来は?

Sponsored Link

クリスマスになると、メリークリスマスと挨拶しますがメリークリスマスの意味を知っていますか。

みんながメリークリスマスと言っているので、意味を知らないで挨拶している人も多いのではないでしょうか。

キリスト教信者ではなくても、クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う祭であることは知っています。

クリスマスは毎年12月25日に祝われます。

子供のころに、実家がお寺なのにクリスマス飾りをしてクリスマスケーキを食べていた友達がいました。

友達にとっては、イエス・キリストの誕生を祝うよりもクリスマス飾りをしてクリスマス・イヴにクリスマスケーキを食べる方が重大なことだったようです。

世界の多くの国でもクリスマスは一般的年中行事としても楽しまれています。

ジングルベルなどのクリスマスソングは、世界中の多くの人に親しまれています。

日本でのクリスマスツリーは本物ではありませんが、キリスト教圏のクリスマスでは常緑樹で、一般にモミの木のクリスマスツリーの下にプレゼントを置くようです。

プレゼントを贈る気持ちである「愛」の日でもあるとされています。

クリスマスツリーの習慣は、アダムとイヴの物語を演じた際に使用された樹木に由来しているとされています。

クリスマスツリーへの飾りつけ・イルミネーションなどは19世紀以降のアメリカ合衆国が始まりとされています。

 

次に、メリークリスマス・メリークリスマスの意味・外国のメリークリスマスなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

メリークリスマス

 

bb1f32772cb07cb8f99537ead9e68ad0

 

クリスマスの挨拶にメリークリスマスがありますが、メリークリスマスの意味を分からないで使っている人も多いようです。

なんとなくメリークリスマスと言っている人も、意味を知ればもっとクリスマスを楽しめるのではないでしょうか。

メリークリスマスの意味は「楽しいクリスマスを!」になります。

メリーを英語表記すると「Merry」になります。

「Merry」の日本語訳は、楽しい・愉快などの意味になります。

日本ではクリスマス当日にメリークリスマスという人が多くいますが、本来はクリスマスを迎えるまで使う言葉のようです。

 

メリークリスマスの由来

 

illustrain01-christmas13

 

メリークリスマスのメリー「Merry」の意味は、楽しい・愉快になります。

メリークリスマスの意味は、「楽しいクリスマスを!」になります。

キリスト教圏の国では、クリスマス準備期間が12月25日から数えて4つ前の日曜日から始まるようです。

メリークリスマスの挨拶は、クリスマス準備を始めた日から使うことが多いとされています。

メリークリスマスは周りの人が楽しいクリスマスを迎えられるように、クリスマスの前から使っても良い言葉です。

メリークリスマスの由来は分かりません。

「Merry」には、愉快に仲間と話し合ったり笑ったり歌ったりして陽気なという意味があります。

自分の喜びを表す「Happy」よりも、仲間と喜びを分かち合う「Merry」になったとする説があります。

 

外国のメリークリスマス

 

全ての国でメリークリスマスと言っているようですが、「Happy Christmas」も使われます。

魔法映画で有名なハリーポッターでもハッピークリスマスと言っていたような気がします。

メリー「Merry」の意味には、楽しい・愉快・愉快に仲間と話し合ったり笑ったり歌ったりして陽気なという意味があります。

イギリスのエリザベス女王は、「Happy Christmas」を好んで使うと言われています。

イギリスでは、「Merry Christmas」と「Happy Christmas」が両方使われています。

英語圏のアメリカやオーストラリアも、「Happy」と「Merry」を使っている人がいます。

個人的には、クリスマスには「Merry Christmas」のほうがシックリくるような気がしています。


PAGE TOP