愛犬の血小板減少症の原因と治療

Sponsored Link

犬には血小板減少症という怖い病気があります。

血液の中には血小板があります。

この血小板が減少してしまう病気を血小板減少症と呼びます。

血小板には出血を止める働きがあります。

怪我をしても出血が自然に止まるのは血小板が正しく機能しているからです。

怪我をして血管が破れると、血液中の血小板が破れた部分に集まってきて穴をふさいで固まります。

血小板の大切な働きである止血機能がなくなれば怪我をしても出血が止まらなくなります。

怪我や手術による出血では、血管の損傷個所を固めて蓋をして止血する血小板の働きがなければ死亡します。

血小板減少症は、止血の働きが弱くなり出血が止まらなくなる恐ろしい病気です。

愛犬といつまでも楽しく暮らせるように犬の血小板減少症について知ることは大切ですね。

 

次に、犬の血小板減少症について紹介します。

 

スポンサーリンク

血小板減少症の症状

 

mig

 

犬の血小板減少症の症状は出血が止まりにくくなることです。

血液中の血小板の機能が上手く働かなければ止血できません。

愛犬が怪我をしたときに出血がスグに止まっていますか?

愛犬が怪我をするまで待たなくても血小板減少症を確かめる方法があります。

愛犬の日常生活や健康状態を観察するときに次のことに注意してください。

・血尿と血便

・鼻血

・歯茎の出血

・点状出血などです。

点状出血は日常では聞かない言葉ですね。

点状出血とは、皮膚や口内などで点状に出血する症状です。

皮膚や口内にポツン・ポツンと点々と出血症状になります。

 

犬の血小板減少症の原因

 

pet_doubutsu_byouin

 

犬の血小板減少症の原因には骨髄機能・脾臓機能・遺伝・投薬などが考えられています。

血小板は骨髄で生成されて脾臓で破壊されるサイクルで血中の血小板のバランスを保っています。

血小板を生成する骨髄の機能が異常を起こすと血小板減少症になります。

脾臓の機能が異常を起こしても血小板減少症が起こります。

遺伝や投薬などで血小板が減少するだけでなく、がん腫瘍や白血病や感染症でも血小板が破壊されて減少することがあります。

自己免疫機能の乱れでも血小板が減少します。

自己免疫機能が乱れて、免疫細胞が血小板を攻撃することで血小板減少症になることがあります。

自己免疫機能が乱れる病気には、アレルギー・溶解性貧血などがあります。

 

投薬での血小板減少症改善

 

犬の血小板減少症の治療方法は投薬です。

愛犬に血小板減少症が疑われたらスグに動物病院で獣医師の診察を受けてください。

犬の血小板減少症は初期治療で効果が得られなければ死亡率が高くなります。

初期治療の効果があれば長期の生存が可能です。

愛犬が血小板減少症になってしまったら、定期的に獣医師の診察と血液検査をして経過を見守ることが大切です。

愛犬の血小板減少症は早期発見がポイントです。

愛犬とのスキンシップを大切にして血小板減少症を早く見つけて治療を始めてください。

 


PAGE TOP