愛犬のフィラリア症の原因と治療

Sponsored Link

犬フィラリア症は、犬のペットやコンパニオンアニマルと暮らしている飼い主にとっては気になる病気です。

犬のフィラリア症は寄生虫が起こす病気です。

犬だけでなく猫も発症する病気なので愛猫家も注意する必要があります。

犬フィラリアは成虫になると30cmまで成長します。

犬の心臓や肺動脈に寄生する糸状の寄生虫です。

大きく成長する糸状の寄生虫が心臓や肺動脈に寄生すると、血液の流れが悪くなりいろいろな障害がでてきます。

ファラリアの寄生を放置していると愛犬や愛猫は死にます。

犬のペットやコンパニオンアニマルにおススメしたいのは予防です。

猫ペットやコンパニオンアニマルの場合は主に肺に障害を発症します。

猫の場合は寄生する寄生虫の数が少ないため診断が難しいそうです。

寄生虫が寄生して咳・呼吸困難・嘔吐などの症状が出てきた時は命が危険な状態になっています。

ファラリアが寄生した犬や猫は健康そうにみえても突然死亡することもあるので注意が必要です。

 

次に、愛犬のフィラリア症の原因と治療について紹介します。

 

スポンサーリンク

犬ファラリア症の原因

 

img03

 

犬ファラリアの主な原因は、フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を持っている蚊から刺されることです。

フィラリアは犬糸条虫(いぬしじょうちゅう)とも呼ばれています。

ファラリアは長細い体長13cm程度の寄生虫です。

ファラリアを媒介する蚊は、トウゴウヤブカ・コガタアカイエカ・ヒトスジシマカなど日常生活空間にいる蚊です。

フィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)を持っている蚊が犬を刺すとその傷からミクロフィラリアが感染します。

犬の体内に入ったフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)は皮下組織や筋肉の中で成長しながら心臓や肺動脈にたどりついて寄生します。

心臓や肺動脈で成長を続けて3~4ヵ月後に成虫になり、犬の心臓内で6年程度成長します。

 

犬ファラリアの症状

 

img01

 

犬フィラリア症の症状は愛犬観察をシッカリしていなければ判断できません。

愛犬の行動で、元気がなくなってきた・食欲がない・咳をする・痩せてきた・呼吸が苦しそうなどが見られたら動物病院での診察をおススメします。

犬ファラリアの症状が進むと、おなかが膨らむ・赤みを帯びた尿をするなどが見られます。

犬フィラリア症の治療は、薬での駆除が基本ですが心臓から犬フィラリアを手術で取り出す場合もあります。

犬ファラリアは予防が最も適切な方法です。

犬や猫の病気はコスト面でも飼い主の負担は大きくなります。

愛犬や愛猫と楽しく過ごすためにもファラリア予防を始めませんか。

 

犬ファラリアの予防

 

犬ファラリアから愛犬を守るためには予防が最良の方法になります。

犬フィラリア症予防薬(経口剤)を、毎月1回・1ヵ月間隔で摂取すれば予防できます。

予防期間は地域ごとで異なりますので動物病院の獣医師の指示に従って予防してください。

犬フィラリア症予防薬を毎月1回・1カ月間隔で投薬するだけで愛犬の健康生活を守れます。

ファラリアが寄生した愛犬の元気がなくなると飼い主もストレスが溜まります。

まず、動物病院の獣医師に犬ファラリアに感染していないかの検査から始めましょう。

 


PAGE TOP