メラトニンの作用と増やす方法

Sponsored Link

メラトニンには睡眠や生体リズムなどの作用があります。

メラトニンを増やす食品やサプリメントを摂取を摂取してアンチエイジングしませんか。

メラトニンは、動物・植物・微生物にあるホルモンになります。

メラトニンはトリプトファンからセロトニンを経て体内合成される物質です。

神経ホルモンの一種のメラトニンの血中濃度は、昼に低く夜に高くなります。

メラトニンには覚醒のリズムなど、さまざまな身体機能を調節する働きをしていると考えられています。

メラトニンは、時差ぼけ予防・睡眠障害の改善・アンチエイジングに効果があるともいわれています。

アメリカ食品医薬品局ではメラトニンをサプリメントに分類しています。

アメリカでは医薬品ではありませんが、欧州医薬品庁ではメラトニンの徐放剤が処方せん医薬品として承認されています。

メラトニンには過剰症と欠乏症があります。

メラトニンが過剰にありすぎても不足しても生活リズムが崩します。

妊娠中や妊娠を望む女性が高濃度のメラトニンを摂取すると発達障害のリスクが増えてしまう恐れがあるとされています。

 

次に、メラトニンの作用やメラトニンを適切に増やす方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

メラトニンの作用

 

melatonin

 

メラトニンの作用には睡眠や生体リズム改善・時差ぼけ予防・睡眠障害の改善・アンチエイジングなどがあります。

メラトニンを適切に増やすことで健康生活を過ごせます。

メラトニンの作用には、睡眠を促す効果・うつ病改善・アンチエイジングなどがあります。

体内で生成されるメラトニンは暗いと増えて明るいと少なくなります。

以上から、メラトニンは睡眠・覚醒のリズムを整える作用があると考えられています。

睡眠だけでなく、体内時計を正常に整える効果もあります。

メラトニンは、崩れた体内時計をリセットして質の良い睡眠を手に入れるためには必要な物質です。

うつ病になると、レム睡眠前の時間が短くなり睡眠異常が起こることがあります。

メラトニンを摂取して睡眠パターンを改善させることはうつ病改善に役立ちます。

メラトニンには強力な抗酸化作用があるのでアンチエイジング効果も期待されています。

メラトニンを増やすためには、体内時計を整えることが大切です。

 

日常生活でのメラトニンの生成

 

type_mechanism_img_01

 

メラトニンの作用は睡眠・生活の質(QOL)・ストレスケア・アンチエイジングに影響を与えます。

日常生活の改善でメラトニンを増やすことができます。

一般的に、メラトニンはトリプトファンからセロトニンを経て体内合成されています。

食生活を改善して、トリプトファンを多く含む食材から摂取します。

メラトニンが生成される量は光量に関係しています。

生活の中では、朝に太陽の光を浴びて就寝前や就寝時には周囲をできるだけ暗くすることが大切です。

起床時は明るく・就寝時は暗くすることで一日の体内リズムをつくれます。

朝の日光を浴びるのが難しい場合は、照明などの人工的な光でも代用できます。

朝夜の明暗を明確にしてメラトニンの生成をスムーズにしましょう。

 

食事でメラトニン摂取

 

メラトニンの作用を正常化することで生活の質(QOL)を改善できます。

メラトニンを増やす方法には、食事でメラトニンを多く含む食品を食べる方法があります。

メラトニンを含む食品には、肉・大豆製品・くるみ・ゴマ・バナナ・サンマ・マグロ・米などがあります。

食品でのメラトニン摂取が難しい人にはサプリメントの利用をおススメします。


PAGE TOP