腸炎の症状はストレスが原因?!他人にうつることもある?

Sponsored Link

腸炎の症状があると日常生活にも支障があります。

腸炎予防のポイントは衛生管理です。

腸炎とは小腸の炎症になります。

小腸の炎症が胃や大腸に及ぶこともあるので病院での早めの治療が大切になります。

腸炎の原因の多くは、細菌に汚染された食物や水を摂取することです。

細菌&ウイルスが小腸に感染して腸炎を発症します。

不衛生な環境や不適切な食物の取り扱いが腸炎の原因になります。

衛生管理が不適切なお店での外食や不衛生な場所での料理には気を付けることが大切です。

一般的な腸炎の症状は下痢と腹痛になります。

軽い腸炎であれば、病院で治療しなくても数日で治ります。

腸炎を発症して3~4日続くときには病院での診察の必要があります。

腸炎が長引くと脱水症状が起こるので注意しなければいけません。

腸炎の原因は小腸が細菌やウイルスに感染することだけではありません。

・イブプロフェンやナプロキセンナトリウムなどの薬剤

・放射線治療

・クローン病などの自己免疫性疾患などの腸炎もあります。

一般的な腸炎は、小腸が汚染した食物や水に含まれる細菌やウイルスに感染することです。

・衛生管理や設備が悪い国への旅行・汚染された水を飲む・小腸が細菌やウイルスに感染している人との接触には気を付けましょう。

 

次に、腸炎の症状や病院での診察・腸炎予防の紹介をします。

 

スポンサーリンク

腸炎の症状

 

virus_fukutsuu

 

一般的に腸炎の症状は、細菌やウイルスに感染後の数時間~数日で現れます。

腸炎の症状は、

・下痢・吐き気・嘔吐・食欲不振

・腹部のけいれん・腹部の痛み・大腸の痛み

・血便・ネバネバした便などがあります。

軽い腸炎であれば数日で治まりますが、3~4日続くときには合併症のリスクが高まります。

腸炎の合併症は脱水症状です。

乳児や幼児は特に脱水症状が深刻化するので注意が必要です。

子供の腸炎は早めに病院での診察をおススメします。

大人でも3~4日腸炎が続くようであれば病院での診察を受けてください。

 

病院での診察

 

Fotolia_69370517_XS-min

 

腸炎の症状が、

・3~4日以上続く場合・38℃以上の発熱がある

・血便になっている場合は病院での診察をおススメします。

腸炎の症状を発生して3~4日経過していなくても、

・口が乾く ・目がくぼむ・尿の量が少ない・尿の色が普段よりも非常に濃い

・極度の疲労感があるなどの症状が現れたら病院での診察をおススメします。

腸炎の合併症に脱水があります。

極度の脱水症状は健康悪化につながるので注意が必要です。

 

腸炎の予防

 

腸炎の症状が3~4日続くときや脱水症状が出たときには病院での治療をおススメします。

腸炎は予防できます。

腸炎の予防のポイントは、衛生管理と食品の安全な取り扱いです。

腸炎の予防は、・石鹸での手洗い・トイレの後は手をしっかり洗う・食事の前後の手洗いなどです。

水道水がないところや旅行で手洗いができないときには、アルコール分60%以上のウェットティシュが役立ちます。

 


PAGE TOP