女性の厄年は何歳?

Sponsored Link

厄年とは人の一生のなかで厄難に遭遇する恐れが多い年齢のことをいいます。

厄年は男性にも女性にもあります。

医療技術や薬剤や科学技術が発達した現代でも、厄年には万事に慎むように気を付ける人も多いようです。

design_img_f_581328_s

厄年三個条というのが前厄・本厄・後厄毎に紹介してあります。

・前厄にはお金を使わないようにして喧嘩別れに気をつけなさい。

・本厄には健康保険に入りましょう。

・後厄は焦らないで、家族を大事にしながら静かに始動しましょう。

厄年を数える時の注意点は「数え年」で計算することです。

厄年の計算では誕生月で歳をとるのではなく年が変わったときに歳をとります。

厄年の計算では正月を迎えるごとに歳をとることになります。

男性の厄年は数え年で25歳・42歳・61歳が本厄です。

前厄は24歳・41歳・60歳になります。

後厄は26歳・43歳・62歳になります。

女性の厄年は数え年で19歳・33歳・37歳・61歳が本厄です。

女性の厄年は体の変化や出産や子育て時期なので生活に気を付けたいですね。

次に、女性の厄年について紹介します。

女性の厄年は女子から女性への体の変化・出産・子育てに関係が年齢なので注意が必要なようです。

スポンサーリンク

女性の厄年

女性の本厄は数え年で19歳・33歳・37歳・61歳なので、前厄は18歳・32歳・36歳・60歳になります。

後厄は20歳・34歳・38歳・62歳になります。

2017年の女性の前厄・本厄・後厄を紹介します。

女性の最初の厄年は数え年の19歳になります。

前厄は、平成12年(2000年)生まれの18歳になります。干支は「たつ年」です。

本厄は、平成11年(1999年)生まれの19歳になります。干支は「うさぎ年」です。

後厄は、平成10年(1998年)生まれの20歳になります。干支は「とら年」です。

女性の大厄は数え年の33歳になります。

前厄は、昭和61年(1986年)生まれの32歳になります。干支は「とら年」です。

大厄は、昭和60年(1985年)生まれの33歳になります。干支は「うし年」です。

後厄は、昭和59年(1984年)生まれの34歳になります。干支は「ねずみ年」です。

女子から女性への体の変化・出産・子育て・更年期時期が厄年になるようです。

女性の厄年の意味

yakudoshi2016

女性の厄年は一般的には数え年で19歳・33歳・37歳・61歳となっていますが。

数え年の4歳・13歳も厄年になっています。

本厄13歳は女子から女性への体の変化時期

本厄19歳・33歳は出産時期

本厄33歳・37歳は子育て時期

本厄61歳は更年期が過ぎて老齢に向かう時期になるようです。

厄年には科学的な根拠はありませんので心配し過ぎるのは良くありません。

女性の体調や生活の変化がある年齢に気を付けるのは良いことです。

数え年の前厄・本厄・後厄では、女性は数え年の4歳~61歳までに6回の厄年×3年=18年間の厄年期間を迎えます。

数え年では、3.4.5・12・13・14・18・19・20・32・33・34・36・37・38・60・61・62の歳になります。

・小学校入学前の時期

・女子から女性への体の変化が現れる時期

・成人の女性になる時期

・子育て期間

・更年期が終わって老化が本格的に始まる時期などです。

厄年は社会的な役割や生活環境が変わる頃なので、生活習慣や食習慣に気を付けるポイント歳と考えると良いのではないでしょうか。

女性の厄払いとは

girl

女性の厄年は4歳・13歳・19歳・33歳・37歳・61歳です。

女性の33歳は大厄なので特に気を付けなければいけない年齢と考えられています。

女性の数え年の4歳・13歳は本厄なので、3.4.5・12・13・14が子供の厄年になります。

女子の厄年の期間には「ひな祭り」「七五三」や小学校の入学式・中学校の入学式などがあります。

お祝い行事には神社に行って家族でお参りすれば厄払いができるのではないでしょうか。

●厄払い・厄除け祈願 法楽太鼓 常光円満寺(大阪)の動画

女性の数え年の18・19・20時期には高校の卒業式や大学や専門学校の入学式そして成人式が続きます。

人生の節目の年には神社にお参りして厄払いしましょう。

大厄の32・33・34の時期には地元の神社で厄払いしてもらうと気持ちもスッキリします。

結婚・出産・子育て期間の18歳~38歳までには3回の厄年があります。

大事な時期なので体調管理・事故・生活習慣には気を付けましょう。

厄払いのお守りを持っているだけでも心強いので試してください。

保存

保存

保存


PAGE TOP