ガッテンで紹介された尿酸値を下げる食品

Sponsored Link

NHKガッテンで紹介された高尿酸の原因を知って生活習慣や食習慣を改善した人も増えています。

NHKのテレビ番組の「ためしてガッテン」で紹介された尿酸値を下げる食品を早速試した人も多いようです。

NHKの問題解決タイプのテレビ番組の「ためしてガッテン」は、毎週水曜日の午後7時30分から始まっています。

「ためしてガッテン」では、「食」・「健康」・「レシピ」・「住、美」などをテーマにして問題や疑問を解決しています。

尿酸値は痛風に関係しています。

痛風の初期症状が現れたら病院での診察をおススメします。

主な痛風の初期症状は5つあります。

・膝や足指に痛みや熱感を感じている

・膝関節などに炎症が発症している

・足の指が変形してきた

・立ち上がるときに痛みを感じる

・痛みが長時間継続した後で痛みが収まったなどです。

痛風の自覚症状が現れたら血液検査で尿酸値を測定してください。

血液検査の時間を確保できないときには市販の検査キットでも調べられます。

痛風はどの年代でも発症する可能性がある病気ですが発症しやすい年代や性別があります。

痛風は性別では圧倒的に男性に発症する病気です。

男性の発症割合は90%を占めます。

女性でも更年期を過ぎた人に発症するケースがあります。

痛風が発症する年代は30代~40代です。

30代~40代の男性は痛風の危険性が非常に高いので尿酸値の定期検査をおススメします。

次に、NHKガッテンで紹介された高尿酸の原因や尿酸値を下げる食品について紹介します。

スポンサーリンク

痛風と尿酸値

tufu

NHKの問題解決タイプのテレビ番組の「ためしてガッテン」で高尿酸の原因や尿酸値を下げる食品が紹介されました。

30代~40代の男性は痛風の危険性が非常に高いので、高尿酸の原因の改善方法や尿酸値を下げる食品に注目が集まったようです。

体の中には一定量の尿酸があります。

通常は血液などの体液に溶けて循環した尿酸は尿の中に濾し取られて捨てられたり消化管から排泄されます。

何らかの原因で血液中の尿酸の濃度が上昇して飽和濃度を越えて体の中に蓄積します。

尿酸の濃度が高い状態が続くと尿酸塩の結晶が関節の内面に沈着します。

痛風発作は、尿酸塩に対して防御機構が働く時に起こります。

激痛の痛風発作は尿酸が体に溜まっているサインなので治療を始めましょう。

高尿酸の原因

inde_il01

NHKガッテンで紹介された高尿酸の原因を紹介します。

一般的には尿酸値を上げない対策にはプリン体を制限した食習慣が大切といわれます。

レバーや明太子などプリン体を多く含む食品を控えれば尿酸値の上昇を予防できると考えられていました。

しかし、プリン体以外にも気をつけるべき食品があります。

尿酸値上昇に関係ある食品は、砂糖や甘いソフトドリンク類などに含まれる「果糖」です。

果糖にはプリン体は含まれていないですが、体が果糖を分解するときにプリン体ができてしまうようです。

また、アルコールも果糖と同様に、アルコールを分解するときにプリン体が大量にできてしまうようです。

尿酸値の上昇を防ぐためには、プリン体の多いレバーや明太子などの食品と併せてアルコールも果糖の摂取に気を付けることと「ダイエット」が大事になります。

尿酸値を下げる食品

NHKのテレビ番組の「ためしてガッテン」で紹介された尿酸値を下げる食品などに気を付けるだけでなく生活習慣にも気を付けましょう。

番組では普段から尿酸値が高いことで悩んでいる被験者に牛乳を飲んでもらい、後日に尿酸値を測定ていました。

測定結果は、約37%の尿酸の排泄量が増えていたことが紹介されていました。

牛乳を飲むと、牛乳に含まれる「カゼイン」が胃腸で分解されてアラニンに変化し、アラニンにより腎臓が尿酸を排出するのを助けてくれるとのこと。

牛乳を摂取量としては、1日コップ1杯を飲むことで、痛風の発症率は43%もダウンすると紹介されていました。

また、ガッテンによれば尿酸値を下げるのは低脂肪乳、ヨーグルトも効果があるとのこと。

低脂肪乳は温めたホットミルクでも、調理したものでも効果があるとのこと。

肌寒い朝に飲みたいかたは、温めたミルクも良いかもしれませんね。


もちろん痛風には肥満も大敵。

肥満になるとインシュリンが体内に余るため、尿酸の排泄を妨げる原因になります。

肥満の遠因となる甘いものやアルコールも、尿酸を作り出してしまうので、控えめに。

肥満の解消のためには、

・肥満解消のダイエットを始める

・アルコールや果糖を控える

・積極的に水分を摂取する

・ウォーキングなどの軽い運動を行う

・精神的ストレスを上手に緩和する

などが大切です。


尿酸の排泄を助けてくれるのが、野菜なので、ミルクとともに日々摂取したいものです。


PAGE TOP