山は上に行くほど太陽に近いのに寒い理由。標高が高い山が寒い理由

Sponsored Link

平地よりも太陽に近い山が寒いのはなぜなのでしょうか。

標高が高いとなぜ寒いのか気になりませんか。

太陽に近ければ温度が高いと考えれば、山の上は太陽に近いので平地よりも温度が高くなるはずです。

地球と太陽の距離は、約1億5千万kmあります。

日本で一番高い富士山の頂上の標高は3776mです。

太陽に近くなったと言っても、たった4km程度です。

地球と太陽の距離(約1億5千万km)と比べれば、太陽に4km程度近づいたとしてもあまり関係はありませんね。

山の上が寒いのは、太陽からの距離が、遠い・近いということとはまったく関係がなさそうです。

 

次に、山が寒い理由はなぜか・標高が高いとなぜ寒いのか、などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

山が寒いのは気圧の関係

 

348f7b9e1bc08e4e34dad698bb9fa0b5_t

 

山が寒いのはなぜか、標高が高いとなぜ寒いのかは、空気の圧力(空気の密度)に関係しているようです。

山の寒さに関係しているのは大気になります。

地球のまわりにある大気が、山の寒さに関係しています。

大気は、上空に行けば行くほど空気の量が少なくなります。

空気の量が少なくなることで、空気の圧力が低くなります。

空気には、圧力が低くなると温度が下がるという性質があります。

平地よりも山が寒くなるのは、上空に行くほど空気の圧力が下がるからです。

空気の圧力が下がると気温も下がってしまいます。

山の標高が上がると気圧が下がることで、気温も下がってしまいます。

 

山が寒いのは地面から遠いから

 

山が寒いのはなぜか、標高が高いとなぜ寒いのかは、地面と空気の距離にも関係しているようです。

地球は太陽から熱を受け取っています。

地球の空気は、太陽の熱で直接をあたためられてはいません。

まず、太陽の熱が地球の地面の温度を上げます。

温度が上昇した地面からの照り返しの熱が、空気をあたためます。

太陽の熱は、太陽→地球の地面→大気へと移動します。

その為、大気は、地面に近い下の方から温度が上昇します。

山が寒い理由をまとめると、山の上は、気圧(空気の圧力)が低くなるので温度が下がること、空気は地面に近い下の方からあたたまるからだと考えられます。

 

気圧と標高

 

d47f281a7ea0dd9001e9cb953809727c_t

 

山が寒いのはなぜ?標高が高いとなぜ寒いのかは、気圧と標高が関係していました。

気圧(空気の密度)と標高との関連性を知っていると役立ちます。

標高が100m高くなるごとに気温は0.6℃下がります。

標高別による気温差をまとめて表にすると次のようになります。

・3000m:-18℃差

・2000m:-12℃差

・1000m:-6℃差

・100m:-0.6℃差になります。

例としては、

暑い夏の家の周囲(標高10m)の気温が30℃だとすれば、標高1010mの山頂の気温はー6℃下がるので24℃になります。

夏の暑さを避けたかったら、標高が高い地域で避暑すればよさそうです。


PAGE TOP