生乾きの臭いを取る方法。重曹、熱湯、アイロン、酢で臭いは消える?

Sponsored Link

洗濯物を部屋干ししたときなどは、生乾きの嫌な臭いがすることがあります。

洗濯物の生乾きの臭いに困っている人も多いようです。

せっかく洗濯したのに、洗濯物の臭いが気になるとガッカリしますね。

単身生活だと洗濯物がシッカリ乾かせなくて生乾き状態になることがあります。

生乾きの洗濯物が臭う原因が分かれば、生乾きの臭いを取る方法も分かるかもしれません。

洗濯物の生乾きの臭いを消す方法には、重曹を使う方法や、生乾きの臭いを消す成分を配合した消臭スプレーなどもあるようです。

 

次に、洗濯物が臭う原因・生乾きの臭いを取る方法・生乾きの臭いを消すのに重曹は?・生乾きの臭いを消すのに消臭スプレーは?などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

洗濯物が臭う原因

 

sentaku_namagawaki

 

洗濯物が臭う原因が分かれば、生乾きの臭いを取る方法も分かります。

生乾きの洗濯物が臭う原因は「雑菌」になります。

シッカリと乾いていない洗濯物には雑菌が繁殖しやすくなります。

部屋干しすると、どうしても洗濯物が水分を含んだまま時間が経過して洗濯物に雑菌が繁殖します。

また、汚れや汗が洗濯で落ちきらなかった場合も雑菌が繁殖します。

洗濯物の嫌な臭いは雑菌が繁殖している結果です。

雑菌は湿気を好むので、汗をかいた服をそのまま放置していると嫌な臭いが発生します。

汗びっしょりの衣類を通気性の悪いカゴなどに入れた状態にしていると、雑菌が繁殖してしまって生乾きの嫌な臭いが発生します。

次に、生乾きの臭いを取る方法・生乾きの臭いを消すのに重曹は?・生乾きの臭いを消すのに消臭スプレーは?などの紹介をします。

 

生乾きの臭いを取る方法 

 

7_7_1_31951740

 

生乾きの嫌な臭いを防ぐ洗濯方法は、洗い方や干し方を工夫するのがベストです。

生乾きの臭いを取る方法は、生乾きの原因になる雑菌をシッカリと除菌することです。

雑菌をシッカリと除菌すれば、洗濯物の嫌な臭いの発生を防げます。

洗濯物の除菌には、「酸素系漂白剤」がおススメです。

洗濯物を「酸素系漂白剤」につけ置きした後に洗えば、生乾きの嫌な臭いを予防できます。

「部屋干し用洗剤」が単身生活者に人気ですが、「部屋干し用洗剤」の多くに「酸素系漂白剤」が含まれています。

「酸素系漂白剤」には液体と粉末があります。

「酸素系漂白剤」は、水洗いできる白物繊維と色柄物繊維に使えます。

「酸素系漂白剤」が使えないのは、水洗いできないもの・毛・絹・金属製ボタンやファスナーです。

次に、生乾きの臭いを消すのに重曹は?・生乾きの臭いを消すのに消臭スプレーは?などの紹介をします。

 

重曹と消臭スプレーは?

 

生乾きの臭いを取る方法では「酸素系漂白剤」を使うのが簡単です。

洗濯物の生乾きの臭いを消すには重曹も有効です。 

洗濯槽に40℃程度のお湯を溜めて、水量10リットルに対して大さじ1杯程度の重曹を溶かしてから、いつもの洗濯洗剤を入れて洗います。

重曹には、消臭効果だけではなく臭いの元になる皮脂汚れも落としやすくします。

洗濯物の生乾きの臭いを消すのに、消臭スプレーの効果は一時的だと考えてください。

消臭スプレーでは、生乾きの原因の雑菌を取り除くことはできません。

時間が経過すると雑菌が繁殖して嫌な臭いがします。

消臭スプレーを使うのは、洋服を洗濯する時間がない場合にしましょう。


PAGE TOP