にわか雨とはどれくらいの雨?にわかの意味、類語

Sponsored Link

「にわか雨」の意味は、国土交通省・気象庁の「天気予報で用いる用語」のなかで説明してあります。

「天気予報で用いる用語」には「時々にわか雨」などの類語の説明もあります。

「にわか雨」が説明してあるのは、「天気予報で用いる用語」・「降水」の雨に関する用語の表になります。

「雨に関する用語」の「天気予報で用いられる用語」には、

・「雨」・「霧雨」・「雷雨」・「長雨」・「ひょう」・「雨が残る」・「雨域」・「風雨」

・「夕立」・「雨が小降りになる」・「雨が本降りになる」・「綿状降水帯」などがあります。

「霧雨」は微小な雨滴による弱い雨です。

「雷雨」は雷をともなう雨です。

「長雨」は、数日以上続く雨の天気です。

「ひょう」は、積乱雲から降る直径5mm以上の氷塊です。

「雨が残る」は、しばらくの間雨が降ることです。

「雨域」は雨の区域のことです。

「風雨」は、雨をともなった風です。

「夕立」は夏期のみに用いる用語です。

「雨の強さに関する用語」の天気予報で用いられる用語には、

・「暴風雨」・「豪雨」・「集中豪雨」・「局地的大雨」・「雨の強さ」・「弱い雨」

・「やや強い雨」・「強い雨」・「激しい雨」・「非常に激しい雨」・「猛烈な雨」

・「大雨」・「警報級の大雨」・「小雨」・「小雨がばらつく」・「雨が強くなる」

・「雨が激しくなる」・「まとまった雨」・「小雨傾向」などがあります。

 

次に、にわか雨の意味・にわか雨の類語・雨の量的表現に関する用語などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

にわか雨

 

040

 

国土交通省・気象庁の「天気予報で用いる用語」・「降雨」・「にわか雨(雪)に関する用語のコーナーで意味が説明してあります。

「にわか雨」は、降水が地域的に散発する一過性の雨になります。

「にわか雨」のなかには「一時的に降る雨」という意味が含まれています。

そのため、冬期の日本海側において、対流雲が次々と通り、晴れとしゅう雨が繰り返すような現象に対しては「にわか雨」は用いないとされています。

しゅう雨の漢字表記は「驟雨」です。

しゅう雨は、対流性の雲から降る雨のことです。

しゅう雨の特徴は、降水強度が急に変化し、降り始めや降り止みが突然で、空間的な雨の分布を見ても変化が大きく散発的です。

短時間で止むような一過性の驟雨(しゅうう)を「にわか雨」と呼びます。

次に、にわか雨の類語・雨の量的表現に関する用語などの紹介をします。

 

にわか雨の類語

 

niwaka_ame_atama_mamoru

 

にわか雨の意味は、降水が地域的に散発する一過性の雨のことです。

国土交通省・気象庁の「天気予報で用いる用語」・「降雨」・「にわか雨(雪)に関する用語」のコーナーには「にわか雨」の類語の説明があります。

「にわか雨」の類語には、

・「所によりにわか雨」・「所により一時雨」・「時々にわか雨」・「しゅう雨」などがあります。

次に、雨の量的表現に関する用語などの紹介をします。

 

雨の量的表現

 

降水が地域的に散発する一過性の雨が「にわか雨」の意味になります。

「天気予報で用いる用語」・「降雨」・「にわか雨(雪)に関する用語」のコーナーにある「にわか雨」の類語には、「所によりにわか雨」・「所により一時雨」・「時々にわか雨」・「しゅう雨」などがあります。

「雨の量的表現に関する用語」では、「雨量」・「降水量」・「××時間雨量」・「××時間降水量」・「日雨量」・「雨日数」が説明してあります。


PAGE TOP