ストレートパーマと縮毛矯正の違い。値段、時間も違う?

Sponsored Link

髪がクセ毛の人は湿気がある雨の日が嫌いですね。

雨の日には髪が広がる・髪にうねりが出る・まとまりにい・扱いが面倒などで困っている女性も多いのではないでしょうか。

クセ毛の悩みがある女性の多くは、さらさらのストレートヘアに憧れています。

髪をきれいなストレートヘアにしたいときはどうしますか?

ストレートヘアにしたいときに多くの人が考えるのは、「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」ではないでしょうか。

でも、ストレートパーマと縮毛矯正の違いを知らなければ理想のストレートヘアを楽しむことはできません。

ストレートパーマと縮毛矯正は、どちらも髪をまっすぐにするという目的は同じですが、「髪質」や「目的」での使い分けが必要とされています。

どちらも髪をストレートにする施術ですが、ストレートパーマと縮毛矯正は何が違うのでしょうか。

 

次に、ストレートパーマと縮毛矯正の違い・ストレートパーマと縮毛矯正の値段・ストレートパーマと縮毛矯正の施術時間などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

ストレートパーマ

 

ph01

 

ストレートパーマと縮毛矯正の違いを分かる前に「ストレートパーマ」の概要を紹介します。

ストレートパーマでは2種類のパーマ液を使用して髪をまっすぐにします。

ヘアアイロンなどでさらに熱処理をする縮毛矯正に比べると髪への負担は少ないです。

2種類の薬剤を使用するので髪へのダメージがないことはありません。

ストレートパーマは、ストレートな髪にかけたパーマを落としてストレートに戻す目的のパーマになります。

その為、ストレートパーマは、パーマによるカールを取る・ボリューム感を少し抑えたりするのに適しているとされています。

ストレートパーマは、もともとの強いクセ毛をストレートに伸ばすことには適していません。

ストレートパーマをおススメしたい人は、髪のクセが比較的弱い人・ナチュラルなストレートヘアにしたい人・髪がまとまらない人・髪の根元のボリュームを抑えたい人などに向いています。

次に、縮毛矯正のこと・ストレートパーマと縮毛矯正の値段・ストレートパーマと縮毛矯正の施術時間を紹介します。

 

縮毛矯正

 

IMG_1186-e1510840000997

 

ストレートパーマと縮毛矯正の違いが分かるために「縮毛矯正」の概要を紹介します。

縮毛矯正は薬剤とヘアアイロンやヘアドライヤーで髪をまっすぐにします。

薬剤と高温のヘアアイロン・ヘアドライヤーを使うので、ストレートパーマに比べると髪への負担は大きくなっています。

縮毛矯正は、強いくせ毛の地毛をまっすぐにするのに適した施術です。

薬剤に加えて高温のヘアアイロンを使ってクセ毛を伸ばすので、根元から毛先までが半永久的にまっすぐに仕上がります。

雨の日で湿度が高いときや、髪が濡れたときに髪のクセが出てしまうなどの悩みの人には、ストレートパーマより縮毛矯正の方が適していると考えられます。

髪が傷んでいるとキレイにきれいに縮毛矯正ができないばかりか、さらに髪を傷めてしまう原因にもなります。

縮毛矯正をする前には、美容師さんに髪の状態と髪質をよく確認してもらって、丁寧なカウンセリングを受ける必要があります。

次に、ストレートパーマと縮毛矯正の値段・ストレートパーマと縮毛矯正の施術時間などの紹介をします。

 

ストレートパーマと縮毛矯正

 

ストレートパーマと縮毛矯正の違いを知らなければ、髪を傷めるだけでなく理想的なストレートヘアを楽しめません。

ストレートパーマと縮毛矯正の値段を比較すると、ストレートパーマの方が一般的に安いようです。

ストレートパーマと縮毛矯正を比較すると、ストレートパーマの方が施術時間が短くなっています。

ストレートパーマは、もともとの髪がひどく傷んでいる場合はかかりにくいとされています。

ストレートパーマをするときには、まず美容師さんに相談してください。

ストレートパーマの施術後にパーマの持ちを良くするためにはトリートメントをシッカリ行うことが大切です。


PAGE TOP