脅威、驚異の違いと使い分け方。英語では何ていう?

Sponsored Link

脅威と驚異を使い分けるには、漢字の意味を正しく理解していなければいけません。

脅威と驚異の意味が分かれば、使い方の違いを上手に使い分けられます。

驚異の英語表記と脅威の英語表記も知っていれば役立ちそうです。

 

次に、脅威と驚異の違い・脅威と驚異の使い分け・驚異の英語表記・脅威の英語表記などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

脅威

 

semaru_kyoui-01-256x300

 

脅威と驚異の違いを分かるために「脅威」の概要を紹介します。

「脅威」は、強い力や勢いでおびやかすこと・おびやかされて感じる恐ろしさの意味があります。

「脅威」の「脅(きょう)」の意味には、人に迫っておびやかす・おどかす・相手にこわいという気持ちをいだかせる・おどし・びっくりさせる、などがあります。

「威(い)」には、おどす・おびやかす・いかめしい・人を恐れさせる、などの意味があります。

「脅」も「威」の意味には、どちらにも“おどす”や“おびやかす”があります。

脅威という言葉は、人をおびやかしたり、人をおどかすという場合に使われます。

「脅威」の類語には、怖気・怖さ・恐ろしさ・恐怖・もの恐ろしさ・恐れ、などがあります。

次に、驚異のこと・脅威と驚異の使い分け・驚異の英語表記・脅威の英語表記などの紹介をします。

 

驚異

 

f0f289606b4fe366f0aaea97aff7cea4

 

脅威と驚異の違いを分かるために「驚異」の概要を紹介します。

「驚異」には、驚き不思議がること・驚くほど素晴らしい現象・驚くほど素晴らしい事柄、などの意味があります。

「驚異」の「驚(きょう)」には、おどろく・おどろかす、などの意味があります。

「異(い)」には、他と違っていること・他と違った意見・普通とは違っていること・不思議なこと、などの意味があります。

「驚異」の類語には、不思議なこと・信じられないこと・不可思議などがあります。

次に、脅威と驚異の使い分け・驚異の英語表記・脅威の英語表記などの紹介をします。

 

驚異と脅威の使い分けと英語表記

 

脅威と驚異の違いは、強い力や勢いでおびやかすことと、驚き不思議がることになります。

「脅威」の文例には、

・「脅威を感じる」・「脅威を与える」・「戦争の脅威にさらされる」・「核の脅威」

・「潜在的な脅威」・「表面にあらわれている脅威」・「社会への脅威」などがあります。

「驚異」の文例には、

・「驚異の科学技術」・「驚異の自然」・「驚異の目」・「驚異に近い」・「驚異的な美しさ」

・「驚異的な成功率」・「驚異的な台風」・「驚異的な豪雨」・「驚異的な風邪」

・「驚異的な速さ」などがあります。

驚異の英語表記は「Wonder」になります。

脅威の英語表記は「threat」になります。


PAGE TOP