昨年、去年の違いと使い分け方。年賀状に書くときはどうする?

Sponsored Link

年賀状に書くときに、「昨年はお世話になりました」と書きますか?

それとも、「去年はお世話になりました」と書きますか。

昨年と去年のどちらでも意味は通じますが、昨年と去年の違いはあるのでしょうか。

正しい、昨年と去年の使い方ができれば恥ずかしい思いをすることはありません。

昨年と去年のどちらを年賀状に書くのか調べてみました。

 

次に、昨年と去年の違い・昨年と去年の使い方・昨年と去年と年賀状などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

昨年と去年の違い

 

年賀状-無料-テンプレート

 

昨年と去年の違いや、昨年と去年の使い方を分かるために「昨年」と「「去年」の概要を紹介します。

「昨年」という言葉を辞書で調べると、「今年の前の年・去年」の意味だとされています。

「昨年」の意味には、「今年の前の年」の他に「去年」があります。

「去年」という意味を辞書で調べると、「今年の前の年」の意味だとされています。

「昨年」と「去年」は同じ意味です。

意味が同じだから使い分ける必要はないような感じを受けます。

しかし、「昨年」と「去年」には微妙なニュアンスの違いがあります。

次に、昨年と去年の使い方の紹介をします。

 

昨年と去年の使い方

 

i20120609-268

 

「昨年」と「去年」には意味の違いはありませんでした。

二つの漢字の意味は同じですが、微妙なニュアンスの違いはあります。

次に、昨年と去年の使い方を紹介します。

「昨年」という言葉は、去年と比べて改まった場面で使われる言葉だとされています。

ビジネスシーン・改まった場所・立場が上の人との間で使う場合は「昨年」を用いるのが適切とされています。

改まった文章として前年のことを書く場合や、年賀状に使う場合は「昨年」のほうが適切だとされています。

「去年」は「昨年」に比べてオープンな印象を受ける言葉です。

「去年」という言葉は話し言葉として使われる場合が多いようです。

書き言葉として使う場合は「昨年」を使い、話し言葉は「去年」と使い分ける方が適切だとされています。

「去年」は、日常生活の会話の中で使う場合に適しています。

結婚式などのお祝いに関する場面では「去年」ではなく「昨年」を用いるのが良いとされています。

「去年」の去は「去る」という言葉にもなるので、縁起が良くないとされているからのようです。

次に、昨年と去年と年賀状について紹介します。

 

年賀状は昨年・去年?

 

昨年と去年には言葉の意味の違いはありません。

昨年と去年の使い方では、「昨年」は書き言葉として、「去年」は話し言葉として使えば良いと考えられます。

但し、結婚式などの祝いの席では「去る」を含まない「昨年」を使う方が良いとされています。

昨年と去年のどちらを年賀状に使うべきかという問いには、「昨年」を使う方が適切です。

「昨年」は改まった文章や、お祝いの席で使われる言葉になります。

「昨年」という言葉は、今年の状況と比較する時に用いられます。

「昨年は大変お世話になりました」などです。

「去年」はオープンな雰囲気の話し言葉になります。

「去年の温泉旅行は楽しかったね」などと使います。


PAGE TOP