関わると係わるの違い、使い方、例文

Sponsored Link

「関わる」と「係わる」の違いを知らないと、日常生活やビジネスシーンで恥ずかしい思いをするかもしれません。

「関わる」と「係わる」の正しい使い方をするには漢字の意味を理解することが大切です。

子供に聞かれたときに正しく答えられるようにしませんか。

 

次に、「関わる」と「係わる」の違い・「関わる」と「係わる」の使い方の紹介をします。

 

スポンサーリンク

関わる

 

mokuteki

 

「関わる」と「係わる」の違いを分かるために「関わる」の概要を紹介します。

関わる・係わる、の文字を合わせると「関係」になります。

「関係」の意味には、・二つ以上の物事が互いにかかわり合うこと・二つ以上の物事のかかわり合い・あるものが他に対して影響力をもっていること・あるものの他に対しての影響・人と人との間柄・縁故などがあります。

「関わる」の意味には、・関係をもつ・こだわる・かかずらう、などがあります。

「関わる」と「係わる」の使われ方を見ると、ビジネスシーンでは「関わる」が使われているようです。

次に、「係わる」のこと・「関わる」と「係わる」の使い方を紹介します。

 

係わる

 

pose_puzzle_kumiawaseru

 

「関わる」と「係わる」の違いを知るために「係わる」の概要を紹介します。

「係わる」の意味は「関わる」と同じです。

関係をもつ・こだわる・かかずらう、などの意味になります。

「関わる」と「係わる」には違いはありません。

両方とも同じ意味であり、「関わる」と「係わる」には明確な違いはありません。

「関わる」と「係わる」の使い分けは、ニュアンスの違いだとする説もあります。

ニュアンスは主観で決まるので、使い分けに明確な基準はないと考えられます。

個人的な手紙や文章であれば、「関わる」と「係わる」のどちらを使っても問題はないようです。

「関わる」と「係わる」は同じ意味ですが、「関わる」だけが常用漢字になっています。

「関わる」と「係わる」の使い方では、どちらも同じ意味ですが「関わる」を使うほうが無難です。

常用漢字は公用文や公文書などで使われている漢字です。

新聞などの公共性の高い出版物では常用漢字に準じた漢字の運用がされています。

次に、常用漢字のことを紹介します。

 

常用漢字

 

「関わる」と「係わる」には意味の違いはありません。

「関わる」と「係わる」の使い方では、テスト・社内文書・公共的な文書には常用漢字である「関わる」を使いましょう。

常用漢字は、「法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安」とされる漢字です。

「常用漢字表」で示された現代日本における日本語の漢字になります。

現行の常用漢字表は、2010年(平成22年)に平成22年内閣告示第2号として告示されています。

常用漢字には2136字/4388音訓あります。

常用漢字表の目的は漢字使用の目安であり制限ではありませんが、日本の学習指導要領では義務教育の国語で読みを習う漢字は常用漢字しか規定がありません。

日本の主な報道機関では、新聞常用漢字表に基づき各社で多少手を加えて漢字使用の基準としている場合が多いようです。


PAGE TOP