倹約と節約の違い、意味、使い方。ケチとは違う?英語でなんて言う?

Sponsored Link

倹約と節約の違いを知らなければ間違った使い方をしていまいますね。

倹約と節約の意味と違いを知っていれば、倹約と節約の正しい使い方ができます。

倹約と節約と「ケチ」の違いを知っていれば役立つこともあるのではないでしょうか。

節約の英語表記・倹約の英語表記・ケチの英語表記も知りたいですね。

 

次に、倹約と節約の違い・倹約と節約の使い方・節約の英語表記・倹約の英語表記・ケチのことなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

倹約

 

couple_kakei

 

倹約と節約の違いが分かるために「倹約」の概要を紹介します。

「倹約」の意味は、お金を切り詰めて出費を少なくすること・お金を切り詰めて出費を抑えるように努力するさまになります。

「倹約」の「倹」には無駄や贅沢をしないという意味があります。

「倹約」の「約」には、引き締めるという意味があります。

「倹約」と「節約」の意味は似ていますが、「節約」がお金以外の場合にも使われているのに対して「倹約」はお金に関することだけに使われる言葉のようです。

「倹約」も「節約」に無駄を省いて切り詰める意味ですが、時間の節約とは言いますが時間の倹約とは言いません。

このように「倹約」はお金の無駄を省いて出費を出来る限り少なくする場合に使われるようです。

次に、節約のこと・倹約と節約の使い方・節約の英語表記・倹約の英語表記・ケチのことなどの紹介をします。

 

節約

 

32f39586-e3d3-4255-a2c8-d21d7803d49a

 

倹約と節約の違いが分かるために「節約」の概要を紹介します。

「節約」の意味は、無駄をはぶいて切り詰めること・無駄使いを制限することになります。

「節約」の「節」には区切りという意味があります。

「節約」の「約」には、引き締めるという意味があります。

節約は、時間の節約・経費の節約・燃料の節約などのようにお金以外の場合にも用いられる言葉です。

「倹約」」がお金に関することのみに用いられる言葉に対して、「節約」の場合は使用する範囲が広くなります。

「節約」という言葉には無駄を省いて切り詰めるなど、合理的なプラス思考のニュアンスがあります。

次に、倹約と節約の使い方・節約の英語表記・倹約の英語表記・ケチのことなどの紹介をします。

 

倹約と節約の使い方

 

倹約と節約のニュアンスの違いは、倹約にはお金の無駄を省いて出費を出来る限り少なくすることに対して、節約は合理的な制限のもとに無駄を切り詰めることになります。

「倹約」の使い方例には、倹約しなさい・電気料金の倹約・小遣いの倹約などがあります。

「節約」の使い方例には、資源の節約・時間の節約・水の節約などがあります。

節約の英語表記は「saving」になります。 

倹約の英語表記は「economy」になります。

倹約や節約と似ている言葉に「ケチ」があります。

「ケチ」とは、基本的な生活で必要な部分を犠牲にしてでも金銭その他の財産を溜め込もうとする行為になります。

「ケチ」と同じような言葉に「守銭奴(しゅせんど)」もあります。


PAGE TOP