シール跡のベタベタを取る方法。プラスチックや金属の粘着をキレイに

Sponsored Link

テープやシールを剥がした跡はどうしていますか。

テープやシールを剥がした跡のベタベタが気になる人も多いようです。

上手にシッカリ貼ったテープやシールは、剥がすのに苦労します。

上手く剥がせないとテープやシールのベタベタ粘着剤が残ってしまうこともあります。

ベタベタが残っているとホコリやゴミが付着しやすくなります。

テープやシールを剥がした跡のベタベタにホコリやゴミがくっつくと面倒です。

黒く薄汚れて見た目が最悪になります。

気になるテープやシール跡のベタベタを取る方法を知っていると、ベタベタや黒い薄汚れに悩まなくても良いですね。

テープやシールの跡が残った、木・プラスチック・金属をキレイにしませんか。

 

次に、テープやシール跡のベタベタを取る方法・テープやシールの跡(木・プラスチック金属)をキレイにする方法などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

テープやシール跡のベタベタ

 

maxresdefault

 

テープやシール跡のベタベタを取る方法を知っていると便利です。

テープやシールを剥がした跡がこびりついていて取れないで困っている人・ガムテープの残骸が取れないでいるもこびりついて困っている人は多いようです。

テープやシールを剥がした跡のベタベタは、時間の経過とともにベタベタが乾いて取るのが難しくなります。

テープやシールの跡のベタベタは、ラッカー・ベンジン・ライター用のオイルで落とせます。

木・プラスチック・金属についたベタベタ落としに試してみませんか。

雑巾にラッカー・ベンジン・ライター用のオイルのいずれかをしみこませてから、粘着剤のベタベタを擦り取ります。

ラッカー・ベンジン・ライター用のオイルに含まれている成分が、テープやシール跡のベタベタを取り除きます。

 

ハンドクリームの使い方

 

hand_cream

 

ハンドクリームを使って、テープやシール跡のベタベタを取る方法があります。

テープやシールの跡のベタベタをハンドクリームを使って落としませんか。

木・プラスチック・金属に残ったテープやシールのベタベタ跡に、ハンドクリームを塗ってください。

塗ったら、ベタベタの粘着剤が浮き上がるまで待ちます。

ハンドクリームの油分で粘着剤が浮き上がったら、軽く円を描くように雑巾で擦れば落とせます。

ハンドクリームの代わりに、食用油・ワセリン・ベビーオイルなども使えます。

 

酢を使う

 

酢を使ってテープやシール跡のベタベタを取る方法もあります。

テープやシールの跡のベタベタに酢をしみ込ませる方法です。

木・プラスチック・金属に残っているベタベタに、酢を染み込ませたコットンを貼り付けます。

コットの上をラップで包むと効果がアップします。

10~20分放置してから、酢を染み込ませたコットンで擦って落とします。


PAGE TOP