喪中の正月の過ごし方。旅行してもよい?やってはいけないことは?

Sponsored Link

喪中の正月の過ごし方や喪中の過ごし方が分からないと気になっている人も多いようです。

喪中の旅行・喪中のおせちや、おせちの代わりになる料理が分かれば役立ちそうです。

喪中にやってはいけないことも知りたいですね。 

 

次に、喪中の正月の過ごし方・喪中の過ごし方・喪中の旅行や喪中のおせちは?・喪中のおせちの代わりの料理・喪中にやってはいけないことなどの紹介をします。 

 

スポンサーリンク

喪中の過ごし方

 

a297061-0

 

喪中の正月の過ごし方や喪中での日常の過ごし方が気になりませんか。

喪中の旅行や喪中のおせち・おせちの代わりになる料理などです。

喪中の時にはお祝い事は避けるべきと言われていますが、年末年始はどう過ごせばいいのか分かりません。

喪中の時には、何をどの程度までやっていいのか戸惑ってしまいます。

明治時代の「太政官布告」という法律で定められていたことに「忌(き)」と「喪(も)」があります。

忌(き)には、忌まわしく思う・不浄・穢れ(ケガレ)の意味があります。

古来は“死=穢れ(ケガレ)”だったので、故人の親族は一定期間は他人に穢れを移さないよう、外出を避けて喪服を着用して家の中で身を慎んで過ごしていました。

忌中の期間は3~50に日です。

故人が父母であれば四十九日です。

「喪(も)」は、身近なものの死を悼む者が一定の期間故人の冥福を祈って身を慎む意味があります。

「喪に服す」の「服す」には従う・その通りにする・服従の意味があります。

喪に服す期間は7日~13か月です。

父母の場合は一年間になります。

「忌」は強制的だったのに対して「喪」は自発的に行うものでした。

「太政官布告」という法律で定められていた「忌」と「喪」は、昭和になって廃止されました。

現在では、法律もありませんが厳格に忌中・服喪を行う地域はありません。

現在の忌中・喪中は、古来の慣習の一部が簡略化して引き継がれて目安になっています。

現在での喪中の過ごし方は、世間の通例の範囲内での判断となっています。

次に、喪中の正月の過ごし方・喪中の過ごし方・喪中の旅行や喪中のおせちは?・喪中のおせちの代わりの料理・喪中にやってはいけないことなどの世間の通例の紹介をします。 

 

喪中の正月の過ごし方

 

mochunenga5

 

喪中の過ごし方は法律で決まっているわけではありません。

喪中の旅行も喪中のおせちも世間の通例になります。

おせちの代わりの料理や、喪中にやってはいけないことなども、一般的にしている人が多いよという内容になります。

喪中の正月の過ごし方は、地域の風習や習慣によっても違うので周りを良く観察してから決めればよいと考えられます。

世間の一般的な通例を紹介します。

神道の忌明け(五十日)までは神棚の前に半紙を貼り、 一切のおまつりを遠慮しないといけません。

しめ縄の取り換えは行ってはいけません。

忌明け後の喪中期間ならしめ縄の取り替えは大丈夫です。

門松・鏡餅等の正月飾りは、お祝いの意味があるので控えたほうがいいという意見があります。

正月飾りは神事なので忌(五十日)明け後なら構わないとする考えもあります。

地域性もありますが、家の外に正月飾りを置くのは控えたほうが良いと考えられます。

家の中の正月飾りは一般的には良いとされているようです。

年越しそばは一年の労をねぎらって金運・長寿・健康を願うものなので喪中でもかまわないとされています。

正月の挨拶の「おめでとうございます」は控えます。

「今年もよろしくお願いします」などが適切です。

喪中の過ごし方では、お祝い事に繋がることに注意すれば良いのではないでしょうか。

次に、喪中の旅行・喪中のおせち・おせちの代わりの料理・喪中にやってはいけないことなどの紹介をします。

 

喪中にやってはいけないこと

 

喪中の正月の過ごし方や、喪中での日常の過ごし方では、お祝い事に繋がることを避ければよいと考えられます。

喪中の旅行はお祝い事ではないので行っても良いと考えられますが、旅行を遊興と考えて避けたが良いとする考えもあります。

忌中に控えれば喪中の旅行は問題ないとする考えが多いようです。

喪中のおせち料理は、新年のお祝い料理なので避けた方が良いとする考えもあります。

おせちの代わりの料理を用意するのも大変です。

忌中でなければおせち料理は問題ないとする意見が多いので、おせち料理を用意しても良いのではないでしょうか。

忌中になってはいけないことは多いですが、喪中にやってはいけないことは少なくなります。

喪中に避けるべきことは基本的にはありませんが、世間の通例を外れすぎるのも違和感があるので周りをよく見て決めてください。


PAGE TOP