縁起の良い大寒卵、寒卵(かんたまご)。2018年はいつ?

Sponsored Link

大寒卵(だいかんたまご)と寒卵(かんたまご)は、寒い季節の栄養豊富な美味しい食材ですね。

2018の寒い季節には大寒卵や寒卵で健康美人作りしませんか。

大寒や小寒などの二十四節は季語にもなっています。

大寒は1月20日頃の寒さが厳しい期間になります。

大寒は小寒の次の日から立春の前日までの期間です。

小寒から数えて15日目頃の冬の季節の最後の節気になります。

大寒は寒さがさらに厳しい1年中で最も寒い時季です。

小寒から立春までの30日間は寒の内と呼ばれています。

大寒は小寒から立春までのまん中になります。

大寒には武術の寒稽古などの行事が行われます。

大寒のテレビニュースには、耐寒のいろいろな行事が毎年放映されています。

寒さが厳しい大寒には「寒仕込み」があります。

寒仕込みとは厳しい寒気を利用した食べ物の仕込みのことです。

寒仕込みで知られているのは、凍り豆腐・寒天・酒・味噌などです。

 

次に、大寒卵や寒卵のこと・2018日の大寒の日・大寒卵・寒卵の美味しい食べかた・季語の例などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

大寒卵

 

kodawari_010201

 

小寒から立春の前日までを寒の内(かんのうち)といいます。

寒の内の期間に生まれた卵を寒卵(かんたまご)といいます。

大寒は小寒の次の日から立春の前日までになります。

2018年の大寒の日は1月20日の土曜日です。

大寒の期間は1月20日の土曜日~2月3日の土曜日までになります。

寒の内の中でも大寒に生まれた卵が大寒卵になります。

大寒卵を食べると運気が上がるという話があります。

子供が大寒卵を食べると体が丈夫になります。

大人が大寒卵を食べると金運が上がるといわれています。

2018年の1月20日土曜日に生まれた卵が大寒卵になります。

2018年は大寒卵を食べて金運アップしませんか。

寒卵は俳句の季語にもなっています。

 

寒卵

 

o0480036013848186800

 

2018年の1月20日土曜日に生まれた卵を大寒卵といいます。

2018年の小寒は1月5日です。

寒卵は寒の内に生まれた卵になります。

寒の内は小寒から立春の前日までなので、2018年1月5日から2月3日までになります。

寒の内に生まれた寒卵を食べると滋養強壮に良いそうです。

俳句の季語にもなっている寒卵を食べて厳しい寒さを乗り切ってください。

寒の内の卵が縁起良いのは、昔は寒い冬の時期に卵が生まれることは貴重だったからです。

大寒卵や寒卵などの言葉は古い中国の暦に由来しています。

大寒卵や寒卵を縁起物と考える風習は中国から伝わったものです。

 

寒卵は俳句の季語

 

2018年の大寒卵は1月20日に生まれた卵になります。

2018年の寒卵は1月5日から2月3日までの寒の内に生まれた卵になります。

寒卵は俳句の季語として使われています。

俳句の掲載誌から作品を紹介します。

・春節には、「寒卵己を恃むほかはなし」

・ホトトギスには、「滞在の暮らし簡単寒卵」

・雨月には、「ほっこりといのちいただく寒卵」

・海程には、「寒卵地面つくづくつづくなり」などがあります。


PAGE TOP