福笑いの由来、意味、遊び方。なぜ、おかめ、ひょっとこ?

Sponsored Link

福笑い(ふくわらい)は、正月の遊びとして知られています。

日本のお正月の伝統的な遊びの一つです。

福笑いは、「おかしい顔」や「変な顔」のことを指す言葉としても使われることがあります。

福笑いの遊びでは、阿亀(おかめ)や阿多福(おたふく)やひょっとこなどの面の輪郭を描いた台紙を使います。

「おかめ・おたふく・ひょっとこ」などの輪郭を描いた台紙の上に、目・口・鼻などの部品を散らします。

目隠しをした人は目・口・鼻などの部品を台紙の上に置きます。

目隠しながら目・口・鼻などの部品を置くので、台紙の上に出来上がった顔は各部位の配置が乱れます。

目・鼻・口などの配置が乱れた滑稽な顔立ちを見て笑い楽しむ遊びになります。

福笑いの遊びでは、最もおかしな顔を作った人や、普通の正しい顔を作った人を勝者にして勝敗を決めます。

IT機器を使ったゲームが普及する前の子供の正月遊びには、凧揚げ・羽根つき・かるた・トランプ・福笑いなどがありました。

 

次に、福笑いの由来・福笑いの遊び方・福笑いに使うおかめ・おたふく・ひょっとこなどの紹介をします。

 

スポンサーリンク

福笑い

 

fukuwarai

 

福笑いの遊びでは、「阿亀(おかめ)や阿多福(おたふく)・ひょっとこ」などの顔つくりをします。

「阿亀(おかめ)や阿多福(おたふく)・ひょっとこ」などの面の輪郭を描いた台紙の上に、目隠しをして目・口・鼻などの部品を置いて正しい顔つくりやおかしい顔つくりを競う遊びです。

福笑いが正月の遊びとして定着したのは明治頃とされています。

福笑いの由来ははっきりしていません。

昭和時代まではお正月に福笑いの遊びをする家庭もありましたが、平成に入ってからは家庭で正月の遊びに福笑いをすることはほとんど無いようです。

現在、福笑いが残っているのは自治体などが執り行う新春行事となどになります。

正月に遊ぶことも少なくなったので福笑いの遊び方を知っている子供も少ないのではないでしょうか。

福笑いの遊びは懐かしいですね。

阿亀(おかめ)・阿多福(おたふく)・ひょっとこの変顔ができると子供たちの笑いが溢れました。

 

福笑いの由来

 

publicdomainq-0002192colovh

 

福笑いの由来ははっきりしていませんが、福笑いの遊びをしているときには子供たちの笑い声が溢れます。

笑いが多い家庭には幸福が訪れるという意味があるのではないでしょうか。

平成になってITゲームの普及によって福笑いの遊び方を知っている子供少なくなっているようです。

お正月に福笑いの遊びを楽しみませんか。

「阿亀(おかめ)・阿多福(おたふく)・ひょっとこ」の可笑しい顔つくり遊びをすれば、子供たちの笑い声が溢れるでしょう。

 

福笑いとひょっとこ

 

福笑いの由来ははっきりしていません。

今年のお正月には、子供たちに福笑いの遊び方を教えませんか。

いつもIT機器を使ったゲームを楽しんでいる子供たちには新鮮な遊びかもしれません。

福笑い遊びに使う「阿亀(おかめ)・阿多福(おたふく)・ひょっとこ」の顔の台紙に、目隠しをして目・口・鼻などの部品を置いてみませんか。

実際にやってみると正しく置くのが難しいと感じます。

 


PAGE TOP