年明けうどんの由来、歴史、食べる時期。いつまでに食べる?

Sponsored Link

年越しそばを大晦日に食べるのは、日本の正月に伝わる年越しの食文化として知られています。

年明けうどんが最近注目されています。

年明けうどんの由来も日本の正月に伝わる食文化からきているのでしょうか。

年明けうどんは、日本の正月に伝わる食文化の風習とは少し違うようです。

 

次に、年明けうどんや年明けうどんの由来などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

年明けうどん

 

qkXvkZp2hhS

 

年明けうどんの由来は、「さぬきうどん振興協議会」の商業イベントになります。

「さぬきうどん振興協議会」が始めました。

新たな麺食行事の普及を目的としています。

「年明けに縁起を担いで食べるうどん」、およびそれに関する商業的イベントです。

「さぬきうどん振興協議会」が年明けうどんの商業イベントを始めたのは、

・讃岐うどんをはじめとした日本国内における名産うどんの活性化

・うどんの消費拡大への貢献

・食品業界関係で正月における新たな利益・経済効果の創出になります。

2009年の正月から、讃岐うどん業界を中心に展開されています。

「さぬきうどん振興協議会」が年明けうどんの商業イベントを始めたのには、

県民の中に一定割合で存在している、大晦日に年越し蕎麦ではなくうどんを食べる習慣をヒントにしたのではないかと推測されます。

 

香川県の地域ブランド

 

e858d7aadf141016015e70a6080f3960_t

 

年明けうどんの由来は、「さぬきうどん振興協議会」の商業イベントでした。

讃岐うどんとは香川県特産のうどんになります。

香川県では地元で特に人気がある麺料理です。

讃岐国(現香川県域の旧国名)の特産品には、良質の小麦・塩・醤油・煮干し(イリコ)があります。

香川県を代表する地域ブランドの讃岐うどんの材料は讃岐国の特産品です。

讃岐うどんの一人当たり消費量は日本一です。

讃岐うどんは地域ブランドとしても成功していることで有名です。

讃岐うどんは、人気の地域ブランドとして、

・観光客の増加・うどん生産量の増加・知名度注目度の上昇などの効果を地元にもたらしています。

香川県を訪れる観光客の多くは「香川県」の魅力の第一にうどんを挙げています。

2011年から香川県庁と香川県観光協会が行っている観光キャンペーンには、讃岐うどんを全面的に推しだした「うどん県」があります。

 

讃岐うどん

 

年明けうどんの由来は、香川県の地域ブランドの讃岐うどんの商業イベントでした。

讃岐うどんは、観光客向けの名物というより県民の生活に密着した食物・食習慣です。

香川県の魅力の第一になっている讃岐うどんが全国に広く知られるようになったのは、讃岐うどんを名物とし始めた1960年代頃と考えられています。

讃岐うどんとは、香川県のうどん店や家庭で作られるうどんを指します。

日本全国各地の飲食店でのうどん料理でも讃岐うどんの名称が使われていることもあります。

最近では、冷凍食品としても店頭で手軽に入手可能になっています。

香川県にはうどんにまつわる地域行事もいろいろあります。

「さぬきうどんの日」は7月2日です。

年明けうどんの具材は縁起をかついで紅いものが選ばれます。

・ かまぼこ・ 梅干し・ 人参のかき揚げ・ 海老の天ぷらなどです。

少しアレンジした、・ローストビーフ・ サーモン・トマトなどの具材を使っているお店もあるようです。


PAGE TOP