手のひらがほてって熱いの原因と対処方法

Sponsored Link

手のひらの“ほてり”は病気が隠れていることもあるので注意が必要です。

手のひらがいつもより熱いと気になったことはありませんか。

手のひらの“ほてり”には、風邪症状や冷え性や自律神経の乱れなどもありますが、病気の前兆の症状の可能性もあります。

手が熱い原因を知れば対応できます。

手のひらの“ほてり”には、免疫力の低下・自律神経の乱れ・風邪・冷え性などがあります。

 

次に、手のひらの“ほてり”に関係している原因と対処法の紹介をします。

 

スポンサーリンク

免疫力の低下

 

23770-1

 

手のひらの“ほてり”は免疫力の低下が影響しているかもしれません。

疲労やストレスで免疫力が低下することがあります。

免疫力が低下するとウイルスや細菌に抵抗できなくなります。

免疫力低下で病気を発症して熱がでれば手のひらも熱くなります。

免疫力の低下の原因には、加齢・食生活の乱れ・ストレス・疲労などがあります。

過度に疲労を蓄積させないようにストレスケアのために生活習慣の改善が大切です。

適度な筋トレや有酸素運動は免疫力アップに役立ちます。

糖質や植物性脂質を摂りすぎていると生活習慣病のリスクを高めます。

タンパク質・ビタミン類・ミネラル類・食物繊維をバランスよくバランスよく含んだ食事で免疫力アップしませんか。

 

自律神経の乱れ

 

balance_01

 

手のひらの“ほてり”には自律神経の乱れが影響していることもあります。

体全体は熱くないのに、手だけ熱い場合は自律神経の乱れの可能性もあります。

自律神経は体の働きをコントロールしています。

活発に活動しているときやリラックスしている時には自律神経が体をコントロールしています。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は活動・緊張・ストレスを感じているときに働いています。

副交感神経は休息・修復・リラックスしているときに働いています。

自律神経が乱れると手のひらの“ほてり”だけではなくいろいろな障害がでてきます。

自律神経の乱れの原因は、肉体的ストレス・運動不足・睡眠不足・不規則な生活習慣・精神的なストレスなどがあります。

現代の自律神経の乱れの多くはストレスが原因しているといわれています。

生活習慣のなかで自律神経のバランスを整える工夫を考えることがポイントです。

 

病気や冷え性

 

手のひらの“ほてり”の原因には病気や冷え性が関係していることもあります。

病気で手のひらの“ほてり”を感じているときは体全体に熱がでています。

体全体に熱がでると、手のひらの“ほてり”だけでなく頭痛・筋肉痛・関節痛もおきます。

ウイルスや細菌に感染して病気になったら、自己判断をしないで病院での診察をおススメします。

手のひらの“ほてり”が冷え性がからきていることもあります。

冷え性に悩まされている日本女性は全体の7割もいると考えられています。

人は体が冷えると末梢血管を拡張させて血流を良くしようするようです。

冷え性の原因には、筋肉量不足・自律神経の乱れ・食生活の乱れ・血行不良・低血圧・貧血などがあります。

生活習慣や食習慣から改善してみませんか。


PAGE TOP