秋バテ対策の食事。季節の変わり目の体調不良に注意

Sponsored Link

秋バテ対策の食事をつくって家族の健康・活力をアップしませんか。

夏バテはよく聞きますが秋バテで困っている人も多いようです。

夏バテと秋バテはどちらも体の不調です。

夏バテは夏季の真っ盛りの体調不良で、秋バテは9月以降に陥る体調不良です。

秋バテには、夏バテ引きずり型と燃え尽き症候群型があるそうです。

夏バテ引きずり型は、夏バテを9月まで引きずってしまったパターンです。

燃え尽き症候群型は、夏の間はなんとか頑張ったけども秋風が吹いて涼しくなる頃までに燃え尽きるパターンになります。

秋バテで多いのは夏バテ引きずり型だそうです。

 

次に、秋バテチェック・秋バテ対処・秋バテにならない食事などの紹介をします。

 

スポンサーリンク

秋バテチェック

 

PIC-20140912073051

 

秋バテチェックをしてみませんか。

秋バテの可能性があったら、不調が深刻化する前に生活習慣や食事を見直して健康・元気生活を楽しみましょう。

秋バテチェック項目は、

・体がだるい・食欲がない・疲れやすい・気力がない

・胸やけ胃もたれを感じる・肩こりや頭痛におきてきた

・顔色が悪くハリがない・不眠症・めまいや立ちくらみなどがあります。

秋バテの原因には、外気温の変化に自律神経が対応していないことも考えられます。

外気温の変化に対応できなくて自律神経が乱れると、血液の循環が悪化して体調不良に陥ります。

 

紫外線による免疫力の低下

 

akibate_01

 

紫外線による免疫力低下が秋バテに影響していることもあります。

秋バテ予防には免疫力アップの食事も大切ですね。

紫外線(UVA・UVB)が影響しているのは、黒子・シミ・そばかすだけではありません。

免疫力の低下にも関係しています。

紫外線(UVA・UVB)を浴びすぎると活性酸素が免疫細胞を攻撃します。

活性酸素によって免疫細胞の活動が阻害されると免疫力が低下します。

免疫力が低下すると、肌トラブル・風邪・夏バテになりやすくなります。

免疫力低下の夏バテを引きずると秋バテで体調不良になります。

 

秋バテ解消法

 

秋バテ解消法には食事バランスの改善・運動や休息による自律神経の改善があります。

秋バテ解消の食事のポイントは夏型の食事からのチェンジです。

夏型の食生活を続けないで秋型の食事にしませんか。

秋バテ対策の食事は、・消化しやすい食事・体を温める食事・秋の旬の食材を使った美味しい食事になります。

夏バテで弱った胃腸に負担をかけない消化を考えた料理をおススメします。

栄養バランスに優れた体の芯を温める食事が自律神経の乱れを改善します。

秋の旬の食材にはサツマイモ・シイタケなど美味しいものがたくさんあります。

秋の旬を使った美味しい料理が体調改善に役立ちます。

免疫力アップや自律神経の乱れ改善には、筋トレや有酸素運動も効果的です。

筋肉からは体調改善に役立つ物質が出ているそうです。

美味しいものを食べて運動すればストレスも解消されます。


PAGE TOP