ほくろが急にできたけど大丈夫?原因は?

Sponsored Link

ほくろ(黒子)が急に増えると心配になりますね。

ほくろのことを知れば、良性と悪性のほくろ(黒子)の違いも分かるようになります。

ほくろ(黒子)は、手・腕・足・お腹・背中・顔など体中にあります。

ほくろ(黒子)は医学的には「色素性母斑」と呼ばれます。

ほくろ(黒子)はメラノサイトが密集してできたものになります。

皮膚にはメラニンという色素を含むメラノサイトという細胞があります。

表皮細胞の約8%はメラノサイトのようです。

メラノサイトは皮膚の中でも光にさらされる部位に多く存在しています。

例えば、お尻のよりも顔の皮膚に多くのメラノサイトがあります。

メラノサイトはメラニンと呼ぶ色素を産生する細胞です。

メラサイトが紫外線などで活性化されるとメラニンを産生します。

メラニンには紫外線防御という重要な働きをしています。

メラニンは紫外線を吸収します。

メラニンが紫外線を吸収することで日光障害や悪性腫瘍の発生を防いでいます。

そのため、肌が黒い人種ほど紫外線による皮膚がんの発生は少ないとされています。

紫外線を浴びるとメラノサイトが活性化してメラニンを生成することから、ほくろ(黒子)・シミ・そばかすなどの悩みが生まれます。

メラノサイトが集まった位置が皮膚に近ければ黒く表皮が盛り上がります。

メラノサイトが集まった位置が皮膚の奥であれば、ほくろ(黒子)は青みをおびて見えます。

ほくろ(黒子)は、良性の皮膚病なので心配はいりませんが見た目が気になりますね。

ほくろ(黒子)の大きさや色は様々です。

小さいものからチョット気になる大きさや、肌色にちかいごく薄から・薄茶色・青色・黒褐色までいろいろあります。

 

次に、ほくろ(黒子)が急に増える原因や対応などについて紹介します。

 

スポンサーリンク

ほくろ(黒子)が急に増える

 

ninsou-hana

 

ほくろ(黒子)が急に増えるのにはどのような原因があるのでしょうか。

ほくろ(黒子)には先天性と後天性があります。

先天性のほくろは生まれたときからあります。

誕生時からある先天性ほくろは数も少ないし増えることもありません。

増えるほくろ(黒子)は後天性のになります。

急にほくろ(黒子)が増えた原因には、

・紫外線の浴びすぎ

・加齢・ホルモンバランスの乱れ

・外的刺激

・生活習慣の乱れ・ストレスなどです。

 

ほくろ(黒子)が増えないために

 

1f42a8d9db769afdee5893642fb9e2f8_s

 

ほくろ(黒子)が急に増えることに悩む前に、増えないように気を付けましょう。

ほくろ(黒子)が増えないように、紫外線対策を十分にしてください。

UVカットクリームや紫外線防護の服装などに気を付けます。

加齢・ホルモンバランスの乱れ・外的刺激・生活習慣の乱れ・ストレスなどです。

年齢とともにターンオーバーがされにくくなってほくろ(黒子)ができやすくなります。

ビタミン類・ミネラル類等の栄養成分を摂ってアンチエイジングに努めてください。

女性は生理前のホルモンバランスの乱れでほくろ(黒子)ができやすくなります。

ほくろ(黒子)の原因の外的刺激にメイクがあります。

ほくろ予防には肌を触り過ぎないことです。

生活習慣の乱れで寝不足やストレスが溜まると、ホルモンバランスが乱れてほくろ(黒子)が発生しやすくなります。

紫外線カットや食習慣・生活習慣を見直すことでほくろ対策ができますね。

 

危険なほくろ(黒子)

 

ほくろ(黒子)が急に増える・大きくなるなどしたら注意してください。

危険なほくろ(黒子)があります。

危険なほくろの特徴は、

・急に色が濃くなる

・急にほくろがφ6mm以上に大きくなる

・ほくろの縁がギザギザしている

・ほくろ表面の固さが変わる

・足や爪などにできた

・色ムラがあるなどです。


PAGE TOP