舌の先端がしびれて先端がピリピリする原因と対処方法

Sponsored Link

舌の先端がピリピリ痛いのは病気かもしれません。

長く続くようであれば歯科病院での診察をおススメします。

舌(した)は、動物の口の中にある器官になります。

舌の筋肉を様々に動かして形や位置を自在に変えることができる消火器&運動器になります。

食物を飲み込むときや言葉を話す時に使われています。

舌は非常に細かく正確にコントロールすることが可能な器官です。

消火器・運動器だけでなく、味覚を感じる受容器である味蕾(みらい)もあるので感覚器でもあります。

舌の痛みや違和感や味覚の異常などは、病気の可能性があるので注意が必要です。

口内の病気の原因には、

・ストレス・疲労の蓄積・体力低下・免疫力低下

・抵抗力低下・喫煙・虫歯・ドライマウスなどがあります。

口腔の病気には、

・口内炎・口腔乾燥症・舌炎・舌痛症・唾液腺炎

・唾石症・鉄欠乏性貧血・口腔アレルギー症候群

・口腔心身症・口腔カンジタ症・風邪・舌癌などがあります。

 

次に、舌の病気や先端のピリピリ痛みなどについて紹介します。

 

スポンサーリンク

舌の病気

 

Beautiful young woman red lips close up

 

舌の違和感や先端がピリピリするときには病気の可能性もあるので注意してください。

口内炎は口腔粘膜が炎症を起こす病気です。

赤く腫れて食べ物がしみたり痛みがあります。

口内炎の原因には、

・免疫力の低下・ストレス・疲労・栄養不足・口腔粘膜の傷

・虫歯・喫煙・胃腸が弱っている・粘膜のやけどなどがあります。

熱い食べ物で炎症を起こして舌の先端のピリピリに悩んだ人も多いのではないでしょうか。

 

舌炎

 

cc4f2a2bb3697302c5a730aa3b247a07

 

舌の先端の違和感や痛い病気に舌炎があります。

舌炎とは舌にできた炎症すべてです。

舌炎には、

・口内炎が舌にまでおよんだケース

・ビタミンB12の欠乏によるメラーハンター舌炎

・鉄分不足によるプラマービンソン症候群などがあります。

舌炎の症状では、舌の表面の赤い発疹や痛み・舌が焼けるような感じなどがあります。

舌炎で味覚障害になることもあります。

口内炎による舌炎では口腔内を清潔にして抗生物質を投与する治療になります。

メラーハンター舌炎の治療は、ビタミンB12の投与になります。

プラマービンソン症候群の治療は造血剤の投与などになります。

 

舌のヒリヒリ

 

舌の表面や先端のヒリヒリ・ジンジンに悩まされていませんか。

舌の表面がヒリヒリ・ジンジンして電気が走るような痛みを感じたら舌痛症の疑いがあります。

舌痛症の原因はいろいろあります。

・歯科治療に使われる薬剤の影響

・神経系の異常・ストレス・睡眠不足

・体調不良・常用薬の副作用などです。

舌痛症は心身症や心気症とされています。

舌痛症では、薬物療法や心理療法などが行われます。

舌がヒリヒリ・ジンジンする症状が現れたら歯科医院で診察してください。

 


PAGE TOP